3

垂れたお尻がプリッと上がる「ズボラストレッチ」。デニムスタイルも決まる!

18

ファッションスタイリストとして活躍中のスタイリスト佐藤佳菜子さん。スラリとした体型でいつもおしゃれに洋服を着こなしていますが、実は運動が大の苦手で、垂れたヒップをどうにかしたいと悩んできたそう。今回は佐藤さんもお気に入りのYouTube、「ズボラストレッチ」提唱者の深井先生をお呼びして、オリジナルの簡単ストレッチを教わります。重力で下がりたるみがちな「お尻」をアップさせましょう!

 

関連記事
座ったままでたった5分!二の腕をスラリと引き締める「ズボラストレッチ」>>

【動画】垂れたお尻をヒップアップさせ、デニムがきれいにはけるようになるお尻のズボラストレッチ


痩せ型でも、痩せてなくても下がっていくお尻。まずは「お尻筋」を伸ばそう!

 

ミドルエイジになると、気づかない内に起こりうるのが「私ってこんな後ろ姿だった?」という衝撃。特に、あまり直視することがない場所だからこそ、如実に現れますよね。なかでも気になるのが、若い頃はあった「お尻と太ももの境目」がいつの間にか消失してしまうことです。例えばTシャツ&デニムは、シンプルゆえにスタイルの良し悪しが最も出てしまうコーディネート。お尻の丸みや高さ、太ももとの境目があるだけで、シルエットは大きく変わります。

ズボラストレッチの深井先生に聞いてみると、「お尻の形は太り過ぎや痩せすぎなどが原因ではなく、筋肉を鍛えずにそのままいれば、重力に従って下がって、たるんでしまう」そう。逆を言えば、お尻の筋肉を意識して鍛えれば、誰でもヒップアップが期待できるということ。これはやらない手はありません!

 

「ジムでもヒップアップできるエクササイズはあるけれど、重いダンベルや器具を使ったりする動きが多く、何だかハードで続きません。ズボラストレッチではまず、「お尻の筋肉」を伸ばすことから始めます。実はこれまで意識的に伸ばしたことがなかったので、その気持ち良さにまず驚きました。

デクスワークや、同じ姿勢で長時間いることが多い方にも是非やってほしいです。このストレッチも基本的に座ったり寝ながらできるので、夜寝る前などにベッドの上でお尻を伸ばしてみてください。

教えてくれたのは深井裕樹先生

 

深井裕樹(ふかい・ゆうき)
YouTubeチャンネル登録者数100万人を1年で達成。SNSの総フォロワー数200万人。ズボラな人でもできる寝たまま、座ったままストレッチが女性に大人気。無料音声Voicyパーソナリティ。マーケッターとしてSNSコンサルティングも行う。

深井先生のお尻ズボラストレッチ動画をもっと見る


※掲載のアイテムで価格が入っていないものは本人私物です。
 

動画&スチール撮影/大坪尚人
動画制作/大石知佳
スタイリング・出演/佐藤佳菜子
構成・文/八木千晶、高橋香奈子
 

 

第1回「運動が苦手でもできる!ハイウエストボトムをきれいに着るための5分動画「お腹ズボラストレッチ」」>>

第2回「座ったままでたった5分!二の腕をスラリと引き締める「ズボラストレッチ」」>>

  • 1
  • 2