おはようございます!

明日は満月。しかも、一年でもっとも美しいとされる中秋の名月ですね。

満月といえば、「パワーウィッシュ」! ミモレ読者の皆さまの中にも、パワーウィッシュをされている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今週の水曜日、私が住んでいる町で、夕暮れ時に見た月です。まだだいぶ欠けている印象ですが、もう少しで満月。

パワーウィッシュとは、占星術師のKeikoさんが提唱する月を使った願望達成法。片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんや、メイクアップアーティスト・僧侶・LGBTQ活動家などの顔を持つ西村宏堂さんも実践されており、ミモレでも取り上げられていますよね。

私は、2019年からパワーウィッシュを続けています。

いま使っている『パワーウィッシュノート』。使い込んでいるので、端がすり切れています・・・

小さいころはおなじないや占いが好きだったけれど、大人になってからはそれほど気にしていませんでした。スピリチュアルなものに興味はあっても、自分の生活に取り入れることはなかったですし……。

しかし、たまたま読んだKeikoセンセ(ミモレ編集部・藤本容子さんにならい、こう呼ばせていただいています)の記事にひかれ、「なんだか楽しそう!」と思い『パワーウィッシュノート』を購入しました。

マイペースで続けていたところ、「あれ? そういえば叶ってる」といった経験をすることがちらほらあり、どんどん楽しくなって。いまでは2週間にいちどの、ウキウキする習慣になっています。

こちらが私のパワーウィッシュノートです。右ページに願いを書き、左ページには巻末についているイメージサンプル集を使って“ムーンコラージュ”。叶った状態をよりイメージできるようにするのだそう。バタバタな時はコラージュをしないこともあります。

パワーウィッシュで叶ったこと

ここで、パワーウィッシュで叶ったことを実際の文章とともにご紹介します。ちょっとはずかしいのですが……。

私は不思議なくらい楽しく宅建の勉強をし、2020年10月の試験に合格することができました。背中を押してくれた夫、協力してくれた子どもたち、素晴らしい通信講座に感謝です。ありがとうございます! ー2020年3月 乙女座満月

当時私は育児休暇中。のんびり毎日を過ごしていたある日、久しぶりに会った父に「ヒマだったら宅建(宅地建物取引士)でも取ってみれば?」と言われました。不動産の知識や実務経験ゼロですし、合格したところでその後の仕事に役立つわけではありませんでしたが、なぜかやる気に。

Keikoセンセによると、パワーウィッシュは「楽しく」「軽やかに」行うことがポイントだそう。勉強が好きと言えるタイプではない私でも、パワーウィッシュに「楽しく勉強し」というフレーズを入れたためかとても楽しく学び、無事一発合格することができました。

私は実家の隣にすばらしい家を建て、家族4人で●●町(地元の町の名前)に移住し、幸せに暮らすことを意図します。 ー2020年5月 双子座新月

これは、叶って本当に驚いた願いごとです。

育休中だった私は、翌年の職場復帰を見すえ保育園選びや職場の異動について悶々と考えていました。そんな中、ふと「いまの会社(都内)で働きながら、田舎で子育てしたいなあ」と頭に浮かびこのパワーウィッシュを書いたのです。

当時、ママ友にも「田舎で子育てしたい。だから地元(埼玉県北部)に家を建てたいんだよねぇ」と、漠然とした夢を語っていました。

「じゃあ仕事どうするのよ。田舎に引っ越して、東京と神奈川(夫の職場)に通えるの?」と、ごもっともなツッコミを受けていたのですが。

この数カ月後、夫が埼玉県にあるグループ会社へ出向することが決まり、それがきっかけで地元へ移住。私が家業を継ぐことにもなりました。

会社を退職し移住したわけですが、地元に移住するという願いが叶ってしまったのです。

ママ友には「あなた、本当に引き寄せたわね!」と驚かれたものです。あ、まだ家は建っていません……。

余裕があって調子が出たときはこんなコラージュもしました。好きな画像を雑誌などから拝借して、気ままにペタペタ。はみ出しても、ウキウキするものが作れればいいんじゃないかな?と思い、思いっきりはみ出しています。

このほかにも、いくつかの願いが叶っています。中には、願ったことを忘れたころに叶ったものもあったりして。

そして最近、私にとってパワーウィッシュは、単なる願望達成法ではなくなってきていることに気づきました。

そのお話は、次回お伝えさせてください。