89

秋ワンピースに合わせる「定番スニーカー」2足【岡本敬子の50代ファッション】

41

服飾ディレクターの岡本敬子さんが「好きな服を自由に着る」日々のお洒落について綴ります。

私の定番のスニーカー


朝晩は心地良い気温になってきましたが日中との温度差もあったり難しい季節ですね。
つい最近久しぶりに革靴を裸足で履いたら靴ずれをしてしまい足に絆創膏を貼っています。
昔から履いている靴なのにこの季節はどうやら秋むくみと言われるくらい昼間との寒暖差が激しい季節にあたるらしく、
裸足で靴など履くと血行不良などで靴ずれしやすいと整体の先生も話してました
久しぶりの靴ずれの痛さを思い出しました……。涙
荷物を持って歩きの日はやっぱりスニーカーだな!
そう思ってたら去年オーダーしていたダンスコのスニーカーのグレーとホワイトが届きました。
わーい! わーい!

 

すでにブラックは愛用中なので履きやすさは十分に分かっています。
ダンスコというとサボ、クロッグスタイプの靴が主流ですが実はスニーカーはかなりおすすめなのですよ。
防臭加工のリサイクルテキスタイルライニング(裏材)と吸汗速乾素材の中敷と反発力とクッション性に優れているので疲れ知らず。

 

 

APMA(アメリカ足病医学学会)にも認証されているようです。
でも、人それぞれ足の形は違うので実際お店で試着してから購入することをお勧めします!
私も他のブランドですが以前通販で買って小さかったり、大きすぎたりと失敗経験があるので……。
これからどんどん良い季節になって歩くことが多くなる機会なので自分の足に合った靴をきちんと選んで
出かけたいですね!
ではまた〜。

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『私の定番』
岡本敬子 著 光文社 1980円

ミモレの連載でもお馴染み、大人気ファッションディレクター岡本敬子さんのスタイルブック。今回のテーマはずばり“定番”。よくある無難さとは一線を画す、「好き!」が詰まったアイテムが集まり、目にも楽しい1冊。好きな服に袖を通して、軽やかにおしゃれがしたくなる。千駄ヶ谷のセレクトショップ「pilli」でディレクターも務め、そのセンスで絶大な支持を得ている著者の、唯一無二のスタイリングを集めて紹介します。


前回記事「季節の変わり目はランジェリーから秋色に【岡本敬子の50代ファッション】」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>