88

季節の変わり目はランジェリーから秋色に【岡本敬子の50代ファッション】

37

服飾ディレクターの岡本敬子さんが「好きな服を自由に着る」日々のお洒落について綴ります。

秋色のランジェリー
 

9月中旬だというのに日中はまだ少し蒸す日もありますね。
そろそろ夏の疲れが出てくる頃ですがみなさまお元気ですか?
九州の南に長期滞在していましたが東京に戻ってきて怒涛の一週間が過ぎました。
東京にいるとなんか忙しいな……(笑)。
さて、まだ気温は高い日があるのでノースリーブ、半袖に羽織やニットを持ったり、
肩にかけたりというスタイルで過ごしていますがランジェリーは秋色にしてみることにしました。
愛用中のブランド「L’ANGELIQUE(ランジェリーク)」で手に入れたココアカラーのミロ ノンワイヤーブラジャーと同じシリーズのヒップハング総レースショーツ。

 

締め付けられるのが苦手で胸は本当は自由に解放したいタイプ……(笑)。
でもブラジャーをつけるのであれば断然ノンワイヤー派なのです。
アンダーの部分はサテン素材で全面にレースが使われているのにセクシーすぎず健康的なデザイン。
ショーツも同じレース使いですがフロントの部分はサテンなので肌は透けないし
ボトムスに響きにくいデザインが気に入りました!
色も肌馴染みの良いココアカラーなのでこの時期に着るちょっと透けたニットと着用したらこんな感じになりました。

 

 

ボトムスの着用画像は想像にお任せします。いや想像しなくて良いです(笑)。
気に入ったのでもう一セット購入しようかなーと思ってます!
ではまた〜。

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。


前回記事「秋の気配を感じたら「半袖ニット」が1枚あると便利!【岡本敬子の50代ファッション】」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>