もいさんからの質問
Q.
フケ対策を教えていただきたいです。夏場はさほど気にならないのですが、おすすめのケア法がありましたらお願いします。
AMATA代表・美香さんの回答
A.
フケの傾向と正しいケア法をおこなえば、フケがなくなるだけでなく、髪の毛も元気になります。

「フケ」トラブルの原因としては、細菌により頭皮の代謝に異常が生じること。また、乾燥などにより角質に潤いが足りていない場合、または脂漏症によっても生じます。消化器系の異常やストレス、擦りすぎによる角質の剥がれなど、さまざまなんですよね。
 
フケにおいては、「乾性フケ」と「脂症フケ」の2つにわけられます。

◆乾性フケ
頭皮が乾燥して皮膚が剥がれた結果、頭皮が荒れてかゆみを生じること。掻くと治りが遅くなり、炎症を起こすケースも。
また、「清潔にしなくっちゃ!」と考えるがあまり、洗浄成分の強いシャンプーなどで1日何度も洗ったり、ドライヤーを近づけすぎたり、熱いシャワーで洗うのも乾性フケの原因になっています。乾燥頭皮からなるトラブルも要注意。免疫力が低下し、皮膚炎が悪化すると、脱毛になってしまい、それが何年も治らないということにもなりかねませんから。

◆脂症フケ
皮脂分泌が過剰になり、「シャンプーしてもベタつく」という脂漏性皮膚炎になる場合も。シャンプー後、頭皮を触ると指の腹に皮脂がべったりついたりするのも特徴です。皮脂はカビ(真菌)によって脂肪酸に分解されるのですが、頭皮環境が悪い、皮脂過剰、ムレ(帽子を長時間着用とか・シャンプー後乾かさない)など、カビを異常に繁殖させていることも。脂漏性皮膚炎を治すには、カビに効く薬効成分を含む薬やシャンプーをおすすめします。

簡単にできるケア法として、
①ブラッシング
シャンプー前にブラッシングすることで、剥がれ落ちるべき角質が剥がれます。

②プレオイル・ケア
これはシャンプーの前に頭皮中心に専用のオイルを塗布しマッサージすることで、頭皮にバリア機能をもたらし、シャンプーなどの刺激からも守る効果があります。また、オイルをつけてマッサージすることで、緊張やストレスの緩和、毛細血管も広がり血流もよくなるので、毛髪のハリコシも復活してきます。

28種類のオーガニック・ナチュラル成分を配合した、頭皮のためだけにつくられたスカルプオイル。 ビロードオイル アーバン アーユルヴェーダ 30mL ¥4800(税別)/URBAN AYURVEDA お問い合わせ先/AMATA tel. 03−3406−1700

③頭皮を丁寧に洗う
低刺激なシャンプーで、爪を立てずに指の腹で頭皮をクルクル動かすように優しく洗います。また、すすぎは丁寧に、洗い残し(生え際、耳の周り、襟足)がないよう、すすぎは丁寧に。いつもより多めの時間すすいでみてください。

オーガニックを中心とした有効成分で頭皮の状態を整える オーガニックウェイの「リライフ」シリーズの頭皮用エッセンスはおすすめ。 オーガニックウェイ リライフ ダンドラフ ダイナミックレメディ 100mL ¥6000(税別・編集部調べ)*サロン専売品/オーガニックウェイ お問い合わせ先/アラミック tel. 072-728-5150  
 
PROFILE
  • AMATA代表・美香さん
    青山にあるヘアサロン「AMATA」オーナー。毛髪診断士の資格も持ち、ビューティプロデューサーとしても活躍中。ヘアだけでなく、キレイをとりまく全てのビューティに興味津々。
美香さん画像/©Yoshinobu Fukaya/aura.Y2