さなえりかさんからの質問
Q.
華やかに見えるひとつ結びのヘアアレンジを教えてください。
Roopsヘアデザイナー・アイリスト/Kaoriさんの回答
A.
サイドから後ろ姿に動きと立体感のある簡単アレンジをお教えします。

ここ最近は髪の毛に動きのあるヘアスタイルが人気です。ディナーやちょっとしたパーティー、これからでしたら、入園・入学シーズンなど「ハレの日」に活躍するヘアスタイルをひとつマスターしておくと便利ですよね。

“華やかさ”度合いのポイントは毛先。ホットカーラーやアイロンで毛先を巻いておくだけで、仕上がりも印象もずいぶん異なります。また、自分で見えないサイドや後ろ姿にも気を配りたいですね。前からサイドに流れる動きや頭頂部や結び目に華やかさがあると、人の印象に強く残ります。

今回はロングヘアでひとつ結びのアレンジをしたいと思います。是非、試してみてください。

step1 ホットカーラーやアイロンを使って毛先を中心に巻いたあと、両サイド、センターの3つにわけて、センターの髪を束ねます。
Step2 サイドに残した右側の毛束をセンターの束に覆いかぶせる(ゴムが見えない)ようにして、左側でピン留めします。

ピン留めのポイントは、2つ。
1.左上から右下へ半分くらいまで刺し込んだら
2.そのあと、角度を変えて真下(センターの毛束)へ下ろす

ピンに髪をからませ、留めるような感じです。そうすれば髪のほつれが防げます。

Step3 画像 残りの髪をセンターの髪にまきつけながらピン留めします。下から上へ、真横からと数ヵ所刺してもOKです。センターの毛束にからませながら留めましょう。
Step4 きっちり結んでしまうとキツい印象になるので、右サイド(耳のあたり)の毛束をひとつまみして引き出します。
Step5 左側の毛束も同様に留めていきます。先につくった右側の毛束の流れを見せたいので、下からすくいあげるようにして右脇でピン留めしてください。 このときのポイントですが、 右から左へ真横にスライドしながら半分くらい差し込み センターの髪に添うように真下へ向かって留める
Step6 左側と同じように耳まわりの毛束をつまんで引き出します。

最後に頭のTOPの毛束もすくって立体感を持たせれば、完成です。

完成です!
Detail
サイドはこちら

「どうしても髪がほつれてきてしまう」という方はバレッタやクリップを使うと補強されます。 

PROFILE
  • Kaoriさん/Roopsヘアデザイナー・アイリスト表参道のヘアサロン「Roops」勤務。カットだけではなく、まつげエクステも兼任しており女性のトータルビューティを提案。お客さまに提案する大人かわいいヘアアレンジも好評。