やまもさんからの質問
Q.
「なるほど」という相槌は上目線?
「なるほど」以外のスマートな相槌について教えてください。

相槌についてお聞きしたいです。つい、「なるほど」を多用してしまうのですが、上から目線の印象を与えると女性の先輩から言われました。私としては、相手の話の内容に実があって感心している、というニュアンスで使っていたので少し驚きました。「なるほど」に代わる相槌というと、「そうなんですね」、「勉強になります」など思いつきますが、大げさな気もします。何かお勧めの相槌があれば知りたいです。

特別ゲスト 平原由紀子さんの回答
A.
「なるほど」は言い方によって、
相手が受け取るニュアンスが変わってくる言葉かもしれないですね

確かに「なるほど」は厳密に言うと、目上の人に対して使っていい言葉ではありません。積極的に使うのは避けたほうがよいかもしれません。

「なるほど」に変わる言葉は、やまもさんがおっしゃるように「そうなんですか」や「勉強になります」なのでよいでしょう。

……ですが、誤った言葉遣いになるのを恐れて無反応になるよりは、「なるほど」でも言ったほうがいいと思いますよ。誤りだとわかっていてつい、使ってしまった時に、お相手に「なるほどというのは間違いよ」と指摘されたら、「申し訳ありません、気をつけます!」とサラッと謝っておきましょう。

「なるほど」を指摘される場合、それは言葉の誤り、というよりも、「なるほど」の言い方が問題だったのかもしれませんね。

同じ言葉もアクセントをどこに置くかによって聞こえ方が全く違ってきます。言い方によっては偉そうに聞こえてしまうこともありますが、「なるほどぉ〜」と感心したように言うとそうは聞こえないですよね。

「そうなんですか!」、「勉強になります!」も語尾を上げて、本当に得心したように反応すると大袈裟には聞こえません。

要は、「アナタの話を関心を持って聞いてますよ」という、その気持ちが伝わることが一番ですよね。

いかがですか?
平原由紀子さんの回答、ぜひご参考になさってください。
平原さんの回答一覧を見る

PROFILE
  • 平原由紀子(ひらはらゆきこ)兵庫県神戸市出身。一般事務職を経て老舗広告代理店に16年間勤務。その後、電通との共同出資会社である「株式会社ザ・ゴール」を立ち上げ、新しいコンセプトのもと、クライアントのコミュニケーションパートナーとしてクライアントの信頼を得る。2013年にザ・ゴールを退職し、新たにコンサルティング会社「株式会社WITH YU」を設立。また今年2月にクリエーターたちを集めて企画・運営する「United Editors株式会社」を設立。エッセイストとしても活躍中で、シティリビングWeb,大人のためのライフスタイルオンラインメディアByron、東洋経済オンラインなどでコラムを連載中。近著には『仕事ごはん部下ごはん できる人の会食術』(CCCメディアハウス)がある。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る