きんたろうさんからの質問
Q.
反抗期の兆しが見え始めた長男との
向き合い方を知りたい。

12歳と7歳の息子の母です。最近長男が、反抗期とまではいきませんが、「それかな?」と思う態度をよく取るようになり戸惑っています。食事のときにひと言も話さなかったり、「おかえり」と言っても無視したり。そうすると、食事や洗濯はせっせとしてあげているのに、自分は召使いじゃないと悔しくなってきます。一方で私も、相変わらず長男が小さいときのイメージが抜けず、大人のペースで「こうしなさい!」と抑え込もうとしてしまうところもあります。欧米の子たちは、あまり反抗期がないと聞きます。「反抗期だから仕方がない」というのは逃げで、親の在り方次第でいい関係は築けるのではないかと思います。無視したりしたらその都度きちんと叱ったほうがいいのでしょうか? 同時に、大人になってきた長男を対等に扱うためには、何を心がけたらいいのでしょうか? 難しい年頃の子どもとの付き合い方、何か小林先生が実践されていたことなどありましたら是非教えてください。

特別ゲスト 小林照子さんの回答
A.
「これからは自分の時間を生きよう」と好きなことに没頭して。
そんな母親に、子供も魅力を感じますよ。

思春期問題ですね。私、得意なんですよ(笑)。

子供は必ず親から離れていくもの。そのときに、多少の反抗もします。それが思春期。ご長男さんは今、その入り口にいるのね。

思春期って何かというと、「自分は何者?」という自分探しの時期。今まですべてのことを親や周囲がやってくれていたけど、そこから精神、肉体ともに独立しようとするんです。

実はこの時期って、自己を確立するためにグループ化と言って同性同士の交流を求め、異性に関心が起きない傾向があるんですって。その時期を通過すると、今度は異性に興味が沸き始め、恋愛ができる心と体になるんだけど。

今のご長男さんも、異性に興味がなくなってるんだと思うの。それでお母さんに対して、素っ気なくなる。でもこれは、彼が大人になるために必要な時期でもあるんです。

じゃあきんたろうさんはどうすればいいかというと、ここぞとばかりに自分の好きなことをする時間をお作りなさい。趣味でもボランティアでも何でも、「やりたいけど子供に手がかかるから」と諦めていたことがあるでしょう? それに没頭しちゃえばいいの。すると子供は、「あれ、僕に背中を向けてるな?」と気になり始める。そして、「何やってんの?」と子供のほうから近づいてくるようになる。つまり、何かに没頭しているお母さんに魅力を感じるんですね。

なぜなら彼らは、反抗はしていても、親の愛情は山ほど求めていますから。単に、“近づいてくるお母さん”がちょっとうっとおしいだけなのよ。

だから今は、「自分は今まで息子をよく育ててきたなあ。でもこれからはもっと自分のこと考えよう」と思ったのでいいの。それが子供の成長を尊重することでもあり、子供も、そんなお母さんを尊敬してくれますよ。
そうこうしているうちに、同性を求める時期が過ぎて、異性を好きになる時期がくるから。そうしたら、お母さんのこともまた大好きになりますよ。

子育ては“良い加減”が大事。その都度叱ったりなんかせずに、今は適度に無視してあげたほうがいいわよ。

いかがですか?
小林照子先生の回答、ぜひご参考になさってください。
小林先生の回答一覧を見る

PROFILE
  • 小林照子(こばやしてるこ)1935年生まれ。美容研究家。現在のコーセーを経て、1991年に「美・ファイン研究所」を設立。モデルや女優、政治家など何万人ものイメージ作りを手がけるほか、青山ビューティ学院高等部・中等部、同・京都校の学園長も務めている。最新著書『80歳のケセラセラ。いくつになっても「転がる石」で』(講談社)が好評発売中。プライベートでは27歳で結婚。娘の小林ひろ美さんは同じく美容家として活躍中。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る