レモンパイさんからの質問
Q.
梅雨前になると髪はうねってボサボサ。外出する前に一生懸命セットしてもまったく意味なし。このボザボサにならないおすすめのスタイリング剤やお手入れ法を教えてください。
uka丸の内KITTE店スタイリスト・遠藤也寸志さんの回答
A.
髪の毛の中の水分バランスを整えれば、サラサラヘアも夢じゃありませんよ。

梅雨時期になると湿気で髪はボサボサになったり、うねりが強く出てきたり……スタイリングに悩まれている方は多いですよね。髪のうねりやボサボサになる理由、それは髪の中の水分バランスが悪いからなのです。

ドライヤーで髪を乾かす際の注意は必要です。乾かし方が中途半端だとうねりが目立ってしまいますし、逆に、髪の中にある水分を奪いすぎるとパサついてボサボサ……ダメージは広まるばかりです。理想的なのは、外側は乾いていても中は水分で潤っていればパンと張ったしなやかな髪。ひと手間を加えることで、ブローもセットも簡単&キレイになれる方法をご紹介します。

●水分を必要以上に逃さないヘアオイル

髪の乾かし方でスタイルの良し悪しが決まる、といっても大げさではありません。ですが、その乾かす前のひと手間をすることで、髪のコンディションはもっと良くなるのです。ukaが開発したのは髪の毛の水分をキープできるヘアオイルです。オイルで油膜を張ることで水分を中に閉じ込め、ドライヤーで外はカラッと素早く乾かすのがポイントです。外はサクサク、中はジューシーの天ぷらのような仕上がりとでもいいますか(笑)。雨の日でもまとまりのある髪を目指しました。

「雨の日のうねりやツヤのない髪を何とかしたい!」という声に応えるための「レイニーウォーク」は、uka独自のガンマドコサラクトンを始め、アサイーオイル、モリンガオイル、アルガンオイルなど、髪を健康にするための植物成分を贅沢に配合。さらに、オイルなのにサラリとした手触り、さらにベタつかず速く乾くテクスチャーにもこわだってつくりました。

しっとりまとまり、自然なツヤ髪に。1〜2プッシュを毛先から髪全体になじませてからドライヤーを。 ウカヘアオイル レイニーウォーク 50mL ¥4000(税別)/ウカ お問い合わせ先/uka Tokyo head office tel. 03−5775−7828


●髪を乾かすよりも先に地肌を乾かすこと!

もうひとつのポイントは、素早く乾かすこと。これは大事なポイントです。だからといって毛先から乾かすのはNG。髪を乾かす順番は、①根元(頭皮) ②中間 ③毛先 でおこなってください。

とくに後ろ髪は手が届きにくいので、乾かすのも中途半端になってしまいがち。後頭部(頭の真後ろ)はクセやうねりがでやすいところなので、上から熱を当てるだけでなく、髪をめくって中間部分もしっかりと乾かします。このとき、ブラシは必要ありません。手で髪を引っ張りながら乾かすだけでOK。

ちなみに根元をふんわりとさせたい場合は、つむじの後ろからおでこのほうまで髪の根元を前方に引っ張りながら乾かします。根元を乾かすときの大事なポイントは「ちゃんと風を当てて素早く乾かすこと」。根元をしっかりと乾かせば、ふんわりと立ち上がります。分け目など気にせず、手をワシャワシャと動かしながら根元を素早く乾かしたあと、分け目に合わせてセットしてください。最後は表面にブラシをかけてツヤを出せば、ふんわりとまとまった髪になります。
ぜひ、お試しください。

PROFILE
  • 遠藤也寸志さん/uka丸の内KITTE店スタイリスト uka丸の内KITTE店スタイリスト・R&Dマネージャー。 日本美容専門学校通信過程卒業。2003年、ヘッドスパ部門の立ち上げに参加。以来、10年間メニュー開発から教育システムの導入まで、中枢メンバーとして従事。現在ではサロンメニューや自社製品の研究・開発等を行うR&Dチームのマネージャーを務める。