てみるさんからの質問
Q.
すべてに昭和を引きずっています。今、自分の顔のたるみにショックで悩んでいます。諦めるのか、今一度がんばれるのか……。
チームmi-mollet 松本千登世さんの回答
A.
やる気スパイラルを呼ぶ集中ケアに頼る

昭和!!! いいですね。きっと、気持ちのうえで、どの世代にも負けないパワーを秘めているのでしょう。きっとそれは、肌のパワーにもつながるはず。諦めなければ、という前提つきですが。

私が長年、美人たちの取材を続けてきて得られた結論、それは「肌は今がいちばん若い」ということと、「肌はいつまでも育つ」ということ。

年齢に逆らったり、抗ったりする必要はないと思いますが、少なくとも今の自分自身や重ねてきた時間を愛おしいと思える肌であってほしいし、それはいくつになっても可能だと個人的には思います。

諦めるか頑張るか、ある意味、これからの肌を決める瀬戸際にいる、ならば思い切って集中ケアに頼ってみるのはどうでしょう? たるみが気になるのであれば、クラランスの「トータル V ラップ」。私自身、最近自分の輪郭が「溶けていく」のを感じているんですが、これでケアすると、フェイスラインに骨感が蘇り、顔の下半身がきゅっと引き締まる。集中的に使えば、印象が変わるので、ますますやる気になり、頑張る方向へのスパイラルが生まれると思います。

まさにフェイスラインを上へ引き上げるラップ効果が! トータルV ラップ 75g ¥7300(税別)/クラランス
お問い合わせ先/クラランス tel.03-3470-8545

ちなみに私の場合、諦めそうになったときに救ってくれたのは、髪だったり洋服だったりしました。ヘアサロンでトリートメントをしてもらったとき、セレクトショップでぴたりとはまる洋服に出会えたとき、鏡の中の自分を見て、脳が興奮するってこと、ありますよね? すると、ああ、いけない、いけない……頑張らなくちゃ、と素直に思える。髪で洋服で、自分を飽きさせないことも得策、そう思います。