よし子さんからの質問
Q.
子供がいないので、家を残してしまって甥や姪に迷惑をかけたくない。 今のうちにできることは?

子供のいない夫婦ですが、現在住んでいる家(住宅ローンあり)は今後どうしたら良いか考えています。将来、病に倒れたり、死んでしまってからでは遅い。頭も体もしっかりしているうちに手放したほうが誰にも迷惑をかけずに済むのかな……と思っています。 が、夫婦同時に死ぬわけではありませんし、手放したところでその後どうすれば良いのかなど、まったく分からずにおります。 私は40代前半、夫は40代後半。ともに兄が1人おりますが、私の兄夫婦には子供がおらず、義兄の側に甥と姪がいます。この子たちに迷惑をかけたくないので、方向性や今のうちにできること、相談できる機関などがありましたら教えてほしいと思います。

特別ゲスト 風呂内亜矢先生の回答
A.
もし借金が残っても、相続は放棄できるので大丈夫。 反対に財産で揉めるのが心配なら、遺言書を残しておいてください

夫婦が同時に亡くなるとは考えにくいですから、本当に悩むのは、どちらかが亡くなってですよね。そこからの動きとしては……、相続した家を売ってしまい、そのお金で余生を過ごす。それでも残ったお金を甥と姪に残す。これが一番、きれいな方法かと思います。

または自宅は賃貸に出してしまって、その賃料でどこか施設などに入る、というのも一つの手かと。

おそらくよし子さんが心配されているのは、甥や姪に残ったローンの負担がいくことではないかと思います。でも遺産相続というのは“放棄”することができるもの。甥と姪が放棄すれば、借金も負うことはないので安心してください。そもそも、住宅ローンには団体信用生命保険がついてくることが多いため、住宅ローンの契約者(よし子さんか、夫)が亡くなると、それでローンは完済されます。ですから団体信用生命保険に加入しているかどうか確認しておくと、安心ですよ。

あるいは遺産を残してしまって揉めごとの種にしたくない、ということでしたら、「残ったお金はすべて国庫に寄贈します」などと遺言を残しておくといいでしょう。甥や姪には遺留分(一定の相続人が最低限の相続を主張できる権利)はありませんので、遺言状によって無用な争いを生まずにすみます。

でもご心配なら、自治体の無料法律相談というものがありますので、一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか? 不動産関係のお悩みなら、日本司法書士連合会か日本税理士連合会の無料相談窓口がオススメです。どちらも無料で相談に乗ってくれたり、税務手続きについて教えてくれたりしますので、利用しない手はないと思いますよ!

いかがですか?
風呂内先生の回答、ぜひご参考になさってください。

PROFILE
  • 風呂内 亜矢(ふろうちあや)1978年生まれ。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。宅地建物取引士。住宅ローンアドバイザー。大手電機関連会社に務めていた26歳のときに、マンンションを購入。それを機に、マンションの販売会社に転職。実体験を交えた分かりやすい説明が人気で、年間売り上げ1位の実績を上げた。2013年よりファイナンシャルプランナーとして独立。現在は、テレビやラジオ、雑誌、WEBサイトなどで情報を発信中。著書に『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。がある。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る