10月半ば。持つと邪魔なので巻いていますが、ジョンストンズのストールが暑い!

ホテルでの朝食の席でご一緒したフランス人のマダムから、「ピラ砂丘は良いですよ。小さなお子さんも、きっと楽しめます」と聞いていました。朝、ホテルを出た時点で、その日のうちに砂丘に行くと決めていれば、Tシャツにデニムとリュックで出かけたのですが…。

ピラ砂丘は、ボルドーからほど近い、アルカションという街の周辺に広がる海辺のリゾートの一部です。

これもフランス!

もちろんこんなに紫外線を浴びるとは想定しておらず!(今回の旅行中、日本から持って来なくて後悔したのは、サングラスと帽子。)子どもは、砂丘を裸足で登ったり下ったり、砂をすくってみたり…興奮気味で楽しそうでした。

夜は、アルカションの街を散策した後、大広場に面したブラッスリー(Brasserie des Marquises)で牡蠣や海老を。フランスでは寒くなると、テラス席の頭上にあるストーブを焚いてくれるので、卓上もやや赤みがかって見えます。

真ん中のソースはかけず、レモンだけのほうが美味。バターもつけるの?謎。
 

土曜の夕方に着いたので、開いているお店は少なかったのですが、時間があれば覗いてみたいような所もけっこうありました。フランス旅の記録は、もう少し続きます!