michunekoさんからの質問
Q.
2年ほど前から主婦湿疹に悩まされています。病院で処方されたお薬をつけたり、水仕事をする時は手袋をするなどできる範囲で気をつけてはいますが、なかなか治りません。完治しないものなのでしょうか? 対処法を教えてください。
ウォブクリニック総院長・高瀬聡子先生の回答
A.
徹底した刺激の排除と保湿ケアをおこないましょう。

「主婦湿疹」は進行性指掌角皮症という正式名があり、手湿疹とも呼ばれます。主な症状として、手のひらがカサカサして赤い湿疹が表れてきます。痒みの症状がありますが、症状がひどい場合は痛みも発症する場合も。

主婦湿疹は手のバリア機能が低下して、それによって湿疹があらわれます。水を使うことが多かったり、刺激を受けるとなかなか治りません。完治を目指すなら、徹底してこれらを避けることが必要です。

●台所仕事、お風呂に入るときは手袋をする
●トイレで手洗いをするとき、ハンドドライヤーは使用しない

意外かもしれませんが、外出先のトイレで使用するハンドドライヤーは手のうるおいを奪ってしまい、乾燥を招いてしまうので避けるようにしてください。


皮膚科で処方されているお薬はそのまま継続して使用してください。それ以外にもこまめに保湿をするようにしましょう。
●ハンドクリーム(市販のハンドクリームでも可)をこまめに塗る
●寝るときは保湿剤を塗ったあとに、綿の手袋をする

などの徹底したケアが大切です。なお、市販のハンドクリームは保湿力の高いモノを。バーム形状もいいですね。ワセリンもおすすめですが「ベタベタするのが嫌」という人は、湿疹が強いところを中心にケアしましょう。

PROFILE
  • 高瀬聡子先生/ウォブクリニック中目黒 総院長東京慈恵会医科大学卒業後、皮膚科医として勤務。2007年にウォブクリニックを開院。共著書に「いちばんわかるスキンケアの教科書」(講談社)

    【ウォブクリニック中目黒】住所/東京都目黒区中目黒1−10−23 2階
    営業時間/月〜水・金曜日 11時〜20時、土・祝 10時30分〜19時
    電話/0120−411−281(予約)