AIライナーさんからの質問
Q.
先日、友人から「とても疲れて見えるわよ」と言われました。そんなに疲れていないのですが(苦笑)、疲れ顔に見えない簡単メイクポイントを教えてください。
チームmi-mollet 長谷川真弓の回答
A.
「疲れ知らず」のお助けアイテムは肌を上質に見せること!

先日、モデル撮影に立ち上ったときの話、ヘアメイクさんがカメラ越しに写るモデルさんの顔を見て、その場でササッとチークを足したんです。ほんのちょっと足しただけなのに、全体の顔色がグッと明るくなりました。血色感が出たというか、活き活きした顔になりました。チークをプラスすると良い、というのは本当なんですね。

一方で「チークの大切さはわかっているけど、メイク方法がわからない」という声も多く聞きます。自分に似合う色がわからないという場合、ピンク色のチークをひとつ。今年は各ブランドから青味の入った落ち着いたピンクチークが多く登場しています。大人の女性にしっくりと似合うのでおすすめです。
レ・メルヴェイユーズ ラデュレから肌色を整えてくれるニュアンスカラーも多数登場します。まるで春の花の花びらのようなカスティーゴールドにびっくりする方もいらっしゃいますが、肌色が均一になって柔らかな印象になるから不思議。ピンクチークの上にササッと重ねづけすれば、メイクをしていることを忘れてしまうほどの自然な仕上がりに。

血色感はもちろん、気になる毛穴や肌の凹凸もカバー! プレスト チークカラー N 15 ¥5300(税別)2017年1月20日発売/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ お問い合わせ先/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ tel.0120−818−727

チーク以外にも肌色をキレイに魅せる方法があります。たとえば、唇に “ツヤ”をのせるのはいかががでしょうか? 昨年に比べ、テクスチャーもツヤの加減が格段に進化しています。柔らかいテクスチャーで程よいツヤ唇がかなうスティックタイプの口紅から落ちないグロスまで、数多く登場。唇に色がのると肌色が明るくなります。これぞ、メイクマジック! 今年の春はリップとチークの買い替えをおすすめします。