アサイースムージーさんからの質問
Q.
小鼻の脇から口にかけてはっきりと刻まれているほうれい線について相談です。以前に増して目立ってきているように感じるのですが、お手入れ法はありませんか? 化粧品でほうれい線を消すことはできないのでしょうか?
チームmi-mollet 安倍佐和子さんの回答
A.
保湿ケアをバージョンアップ、最新コスメを味方につけて徹底抗戦を

顔の筋力の低下や頬の痩せ、表情のくせなどによってだんだんと目立ってくるほうれい線。私自身も気になるので、アサイースムージーさんのお気持ち、よくわかります。
では、ほうれい線ケアのアイディアをいくつかご紹介しましょう。

やはり大事なのが保湿。乾燥によってシワはどんどん深く刻まれてしまうので、なにはなくとも保湿!です。まず、普段のスキンケアの量を倍使って、肌の“潤い保持力”を強化。とくにほうれい線上にはクリームやオイルを2度づけ。その際、片手で頬を引き上げながら、舌で内側からほうれい線を持ち上げながら塗ること。たたまれたドレープを押し広げて、キメひとつひとつにしっかりクリームやオイルをなじませる、そんな意識です。
顔の筋肉が衰えないようなエクササイズも。私は、舌を上下の歯茎の上をくるくる回転させるのを一日100回。フェイスライン、顎下の筋肉を強化し、顔下半分のたるみケアを続けています。

もちろん、優秀なコスメを味方につけるのも得策。
クラランスの「ファーミング EX マスク」はコリ固まった筋肉をほぐし、ふっくらとした潤いとハリ感をチャージしてくれる頼もしいマスク。表情ジワが刻まれないための必勝アイテムです。

化粧水のあとにおこなう集中マスク。顔の筋肉をほぐすオリジナルメソッドでストレスジワへアプローチ。 ファーミング EX マスク ¥9000(税別)/クラランス お問い合わせ先/クラランス tel.03-3470-8545

さらに1月1日にデビューしたポーラの「リンクルショット メディカル セラム」も見逃せません。こちらは日本で初めて厚生労働省の認可を取得したシワ改善美容液。化粧品でシワが改善できる時代になったんですよ。
優秀なコスメの力もぞんぶんに借りて、楽しくケアを続けてください。

目の下、ほうれい線、眉間など深刻度が増すシワの悩みに答えた美容液がついに登場! ポーラ リンクルショット メディカル セラム 【医薬部外品】 20g ¥15000(税別)/ポーラ お問い合わせ先/ポーラ お客さま相談室 tel.0120−117111