opanminidaさんからの質問
Q.
仕事は体の一部というぐらい大切ですが、 娘の成長のチャンスを潰しているのでは、という罪悪感が拭えず……。

娘が生後6ヵ月でフルタイムの仕事に復帰。とあるブランドのライセンス担当をしております。娘は朝8時~20時まで保育園におり、元気で個性いっぱいに育ってはいるのですが、最近、保育園児と幼稚園児との能力の差に愕然とすることが多く……。習い事で一緒の幼稚園児と比べると、たとえばハサミやのりの使い方、挨拶の仕方や言葉遣いをはじめ、知らないことやできていないことがたくさんあります。そもそも幼稚園と保育園は教育と保育、管轄する省庁も違いますし、そこは当然のことなのですが、娘が習い事でついていけずにしょんぼりしている姿を見ると、自分が仕事を続けることで成長のチャンスを潰してしまっているのではないかと罪悪感が拭えません。今のところ「ママがお仕事をする姿はカッコいいから好き」という娘の言葉に救われていますが、娘がやりたがっている他の習い事も、平日開催なので諦めさせています。仕事は私の体の一部で、同じく大切なものなのですが、両者の狭間で悩んでしまいます。何とか自分の気持ちを整理する方法を教えていただければと思います。

特別ゲスト 小林照子先生の回答
A.
私もopanminidaさんと同じような母親だったの。 でも、娘を枠にはめない育て方をして良かったと思ってるわ。

何を隠そう、私は町内新聞に「鍵っ子あわれ」と書かれたことがある母親です……。娘が小学生のとき、いつも一人で家に置いていたから、「あの子のお母さんは何を考えているんでしょう」と、近所の主婦の間で広まったみたいなんですね。夫が新聞の見出しを見て、「おーい、うちの子と同じような子がいるぞ」と言うからよく読んでみたら、うちのことだったの!

他にも私は、娘が小学校に入る前に、先生から「名前をひらがなで書けるようになっていれば大丈夫ですから」と言われ、それを真に受けていたんですね。そうしたらあるとき呼び出されて、「娘さんのせいで時計の授業が進まない.時計が読めるように家でも教えてください」と言われたの。そこで気づいたんだけど、我が家はデジタルの時計を置いていたんですよ。だから娘は針の時計が読めなかったの。それで時計を買いに行こうと思っていたんだけど、当時は今みたいにコンビニもないし、お店も遅くまで開いてなかったから、結局ズルズルと約束を果たせないまま娘は自力で読めるようになって、今に至ります(笑)。後にこの出来事を一緒に仕事しているスタイリストさんに話したら、「大人になって時計を読めない人なんていないんだから、大丈夫よ」と言っていましたね。

子供は親から言われてやったことも大事ですけど、自分が気づいて学ばないと、やはり身に付かないもの。それより「カッコいいお母さん」でいることのほうが、すごいじゃない!

娘も小さい頃は、「よそのお母さんはいつも家にいていいな」と言っていたけど、中学生になると、今度は友達から「アナタのお母さんはいいね。うちの母親はうざい」と言われるようになって。そのおかげなのか、グレることもなかったし、今は時計も読めるし、ちゃんと入りたい大学にも入りました。私は「アナタなら大丈夫よ〜」とだけ言って、ガーガー寝てたんですけどね(笑)。

上から命令してやらせても、それは母親が怖いからやっているフリをしているだけで、身に付いていかないものよ。もちろん、親身になって世話を焼いてくれれば、感謝もあると思います。だけど私は毎日働いてクタクタで、勉強を教えてあげることもできなかった。だから「アナタなら大丈夫よ」としか言えなかったの。だけど娘は希望の大学に受かった後、「学校の先生には絶対無理だと言われたけど、親は信じてくれてるから頑張ろうと思った」と言っていました。今は私と同じ美容の道に進んで、毎日生き生きと働いている。枠にはめない育て方をして良かったのかも、と私は思っていますよ。

いかがですか?
小林照子先生の回答、ぜひご参考になさってください。
小林先生の回答一覧を見る

PROFILE
  • 小林照子(こばやしてるこ)1935年生まれ。美容研究家。現在のコーセーを経て、1991年に「美・ファイン研究所」を設立。モデルや女優、政治家など何万人ものイメージ作りを手がけるほか、[フロムハンド]メイクアップアカデミー、青山ビューティ学院高等部東京校・京都校の学園長も務めている。最新著書『80歳のケセラセラ。いくつになっても「転がる石」で』(講談社)が好評発売中。プライベートでは27歳で結婚。娘の小林ひろ美さんは同じく美容家として活躍中。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る