helenaokoさんからの質問
Q.
歯のホワイトニングについておうかがいします。ドラッグストアではホワイトニング用の歯磨きがたくさんあるし、歯医者さんでも紹介されますがどれがいいのかわかりません。コーヒーが大好きなのでホワイトニングしてもあまり意味がないのかな、とも思い、未だに歯医者さんでのクリーニング止まりです。オススメのケア&アイテムはありますか?
チームmi-mollet 安倍佐和子さんの回答
A.
口内環境を清潔に保つ意識と、スキンケア同様のコツコツケアを!

歯のステインは、コーヒーより紅茶やワインのほうが強いようですが、コーヒーをよく飲まれるようでしたら、飲んだ後に必ずデンタルウォッシュ等でうがいをして、口内環境をクリーンな状態に整えることを意識してみてください。
ホワイトニング用の歯磨き粉は、肌の美白ケアと同じで、どうしても時間がかかるもの。大きな差異はないと思いますので、好みのものを諦めずにコツコツ続けることが大事だと思います。

トモズ バイヤー・藤田智美さんの回答
A.
歯のホワイトニングは、もはや立派な成長市場。白い歯だけでなく、歯の健康を守る複合的機能を持つ歯磨きが人気。

白くて健康的な歯のケアに活躍するのが、歯のホワイトニングです。通常の歯磨き粉よりも価格は高いのですが、目的意識の高いお客さまに支持されている市場です。
「トモズ」で売れている、美白歯磨き粉ベスト3を紹介します。

No.1 アパガードプレミオ(サンギ)
No.2 トゥービー・ホワイト 薬用デンタルペースト プレミアム(ストーリア)
No.3 プラチアス creamy up ペースト(ライオン)

強烈なテレビCMが印象的な「アパガード」は、美白歯みがき粉市場で圧倒的な人気。数年前から女性ユーザーを意識したパッケージの製品も増えていて、デンタルクリニックに行かなくても毎日のケアでお手軽に済ませられるので、よく売れていますね。

アパガードプレミオ 50g ¥830 100g、¥1480(ともに税別)/サンギ 問い合わせ先/サンギ 
tel. 0120−82-4101 

私がオススメするのは、「アパデント歯周病ケアプラス」。この歯磨き粉は、コーヒーやワインの着色汚れから守るホワイトニングだけでなく、mi-mollet世代でも悩みが多い“歯周病ケア”ができる歯磨き粉です。歯周病というと他人事のように聞こえますが、気づかないうちにかかっていることも多いようです。おろそかになりがちな口内環境整備もスキンケア同様にとても重要。白い歯はもちろん、虫歯予防、歯周病ケアなど機能の多様化が当たり前の時代になりそうですね。

アパデント歯周病ケアプラス【医薬部外品】 90g ¥1580(税別)/サンギ
問い合わせ先/サンギ tel. 0120−82-4101
PROFILE
  • 藤田智美さん/トモズ バイヤー東京理科大学薬学部卒業後、トモズ入社。調剤ほか、店舗業務を経て化粧品バイヤーに。プライベートでは2人の男の子を持つ働くママ。 この人の回答一覧を見る