とみりんこさんからの質問
Q.
日焼けしやすい肌なので、露出している部分にはマメに日焼け止めを塗っているつもりですが、どうしても化粧後の顔と首の色が微妙に違っているんです。ファンデーションの色を暗くしようとも思ったのですが、もともと標準より黒い肌なのでこれ以上黒くすると顔色がくすんでしまいます。どうしたら良いでしょうか。
チームmi-mollet 長谷川真弓の回答
A.
ファンデーションの塗り方で解消できます!

まさに! 夏はいつもとみりんこさんと同じ悩みを抱えていました。ノースリーブや首元の開いた洋服を着るので、顔色だけが浮いてしまうんですよね。ファンデーションの色が合わないと、気持ちが落ち着きません。

このお悩みを解決する方法! そのヒントはこちらにあります。
『エラが張っているせいもあり、洋服の襟にメイクの汚れがつきやすいのが悩みです。何か良い対策があったら教えて下さい』


顔と首の色が違うなら、首の色に合わせるのがベター。しかも、「ファンデーションを塗る範囲」を変えるだけで問題が解決するかも!

● ファンデーションを塗るのは、こめかみとあごをつないだ三角形の部分
● フェイスラインや首元はスポンジやブラシに余ったファンデーションをササッとなじませる程度でOKです。

この2点を頭に入れてメイクをしてみてください。首の色の違和感はなくなると思います。

もちろん、紫外線対策は怠りなく! 首、デコルテはもちろん、化粧下地の使用も忘れないようにしてください。色を気にされているのであれば、下地の色もクリアなほうが良いですね。
また、ファンデーションの買い替えをされる予定であれば、思い切って1トーン濃い色のファンデーションを選ぶのも手。余談ですが、美容部員さんいわく、肌色に合ったファンデーションを使っている人が少ないそうです。白いほう白いほうを選ぶ傾向だとか(笑)。ちなみに私は、標準色よりもやや黄みの強い色を愛用しています。首の色との違和感もありませんし、小さなシミやくすみもファンデーションでカバーしちゃっています。
自分の肌色を知ることは大切ですよね。この機会にぜひ、チェックしてみてください。