ワンわんさんからの質問
Q.
寝苦しい夜はとくに素敵な香りに包まれて眠りたい! 寝る時のおすすめの香りはありますか?
ニールズヤード レメディーズ プレスマネージャー・鷹見恵美さんの回答
A.
おすすめは「ラベンダー」の香り。より良い眠りにつくための方法もご紹介します。

安眠のアロマとしてもっとも有名な香りは「ラベンダー」です。ラベンダーの主成分である「酢酸リナリル」が多く含まれるほど、高い鎮静効果があるといわれています。他にも、柑橘系のフレッシュな香りの「ベルガモット」は、寝苦しい夜におすすめですし、「クラリセージ」はくせのある香りですが、より深い眠りを誘います。

香り付けの方法はいろいろあり、ニールズヤード レメディーズでもたくさんのアイテムをご紹介しています。その中で私自身も気に入ってるアイテムを2つ。まずは、ルームフレグランスとしても使用できる「グッドナイトピローミスト」です。
眠る前に香りをとり入れると、寝入りが良くなったという声を多くいただきます。実際にこのピローミストを購入した約80%以上の方が「寝入りがよくなった」と回答しているんですよ。

枕やシーツにシュッと一吹き。疲れが取れないときにもおすすめ。 グッドナイトピローミスト 45mL ¥2800(税別)/ニールズヤード レメディーズ

もうひとつは「ビューティナイト ボディバター」です。日々のストレスから解放し、幸福な気持ちに包まれて良質の眠りを誘う香りをブレンドしています。クラリセージやイランイランなどを配合し、ホルモンバランスを整える効果も。胸元や首回り、就寝前のボディマッサージがおすすめです。

保湿成分シアバターをたっぷり配合。ボディの乾燥が気になる人にはとくにおすすめ! ビューティナイト ボディバター 200g ¥6600(税別)/ニールズヤード レメディーズ 問い合わせ先 /ニールズヤード レメディーズ  tel.0120-971-059

最後に、ニールズヤードはより良い睡眠を得られるための“美容習慣”を提案しています。今日はその方法をご紹介します。

夜、眠りにつく前に香りの力を借りて気分転換を図るのは有効です。福交換神経を優位にしたり、ホルモンバランスを整える香り(ゼラニウムやクラリセージ、イランイランなど)を選ぶのがおすすめ。

たとえば、ボディクリームを全身になじませたり、精油を垂らしたティッシュを枕元に置く、先ほど紹介したピローミストなどもおすすめです。「これでぐっすり眠れる!」と自己暗示をかけることにもなり、交感神経から副交感神経への切り替わりがスムーズになります。

また、不眠はホルモンバランスを崩し、肌荒れの原因になることもわかっています。リラックス効果や美肌効果のある成分を含むハーブティを摂ることも、精神的な安心感につながり効果的です。ぜひ、お試しください。

PROFILE
  • 鷹見恵美さん/ニールズヤード レメディーズ プレスマネージャーニールズヤードのホリスティックライフスタイリストの資格を取得。アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスを使いこなし、女性のセルフメンテナンスの大切さを伝えるため每日活動中!