nattuさんからの質問
Q.
海外赴任中ですが、
突然現地のママ友仲間から外されてしまいました。

私は30代後半の主婦です。現在海外に住んでおり、日本人コニュニティが狭いため、常日頃から円滑な人間関係を築きたいと考えております。同時期にこちらで出産した2人のママ友と月に数回ランチをしていたのですが、私が一時帰国したのを境に誘われることがなくなりました。他の2人は今でも、二人か、または別の方を誘ったりして楽しく会っているようです。その方たちの記事や写真がfacebookに上がるたびに心苦しくなり、フォローもやめてしまいました。メールでは「またランチに行こうね」と言ってくるのですが、実際それ以降誘われたことはありません。街で偶然会ったら変わらず話しかけてくるので、何も思っていないのだろうなと思いつつ、無神経さに嫌気がさします。こちらでの滞在もあと1年ほどなので、あまり気にしないようにしようと思うのですが、たまに落ち込んでしまうこともあり……。アドバイスをいただけますでしょうか?(38歳)

特別ゲスト 齊藤勇先生の回答
A.
日本人コミュ二ティのことは諦め、
現地のコミュニティに溶け込まれてはいかがでしょうか。

海外赴任先での人間関係の悩みは非常に多いものです。日本人だけ、という小さなコミュニティを作り、そこに関する出来事以外、関心がなくなりますから。夫の地位、いつ日本に帰れるか、子供の教育など……。もちろん日本にいてもママ友付き合いは気を遣われると思いますが、少なくとも他のコミュニティにも所属することができますから、逃げ場があるのですよね。

しかしnattuさんはその狭いコミュニティにおいて、どうやら外されてしまったらしい、とのこと。そこで提案です。これを機に、思いっきり現地に馴染まれて楽しまれてはいかがでしょう? 語学や現地の文化を学ばれたり、現地の友達を作られたりするなど。

夫の海外赴任で現地に暮らしている奥さんたちは、皆さん、現地に溶け込もうとしないものです。なぜかというと、溶け込もうとすると、日本人コミュニティから外されてしまうからなのですね。おそらく、「あの人は現地に馴染んでイキイキしている。なのに私は……」と、置いていかれたような気持ちになるからでしょう。それゆえ、せっかくの海外生活を楽しみたいと思っても、それがなかなかできずにいる方も多いのです。

ですが幸か不幸か、nattuさんはそのコミュニティと付き合いが必要ない状況になられた。ならばこれ幸いと、現地に溶け込んで学ぶものを学ばれてはいかがでしょうか? 語学を学べば帰国後も役に立つと思いますし、現地でできた友人とは、今後も付き合いが続くのではないかと思います。将来的にも、絶対にそのほうが良いことが多いはずです。夫の海外赴任も、あと1年とのこと。そうしたら日本に戻り、また新しいコミュニティを作れると思いますから、残りの時間を割り切って有意義に過ごされてほしいと思います。

いかがですか?
齊藤先生の回答、ぜひご参考になさってください。
齊藤先生の回答一覧を見る

PROFILE