松風さんからの質問
Q.
年齢セクハラが始まるアラフォー世代。
どう対処したらいいでしょうか?

先日、職場の飲み会で自分より年上の男性職員に、「俺より年上だと思ってた!」と言われました。その場は笑ってすませましたが、ものすごくショックでした。こういう扱いを受ける年になったんだなと気付かされたところもありますが、気持ちの在り方がまだ怪しいです。今後、「おばさん」みたいなことを言われることも増えるかと思います。こういうデリカシーのない言葉を、どんなふうに流せば良いでしょうか。その時の対処法と、気持ちの持ち方のアドバイス下さい。(38歳)

特別ゲスト 齊藤勇先生の回答
A.
男は女性から反応さえあれば
コミュニケーションがとれたと勘違いするのです。

おじさんはデリカシーがないですからね。言葉のセクハラは、昔に比べればかなり減ったと思いますが、会社とは閉鎖的な社会ですから。まだまだ言ってはいけないことを平気で言う男がたくさんいるのが、現実ですよね。

ここで少し、心理的な説明をさせていただきますね。日本の男というのは、日本社会の構造上、女性を褒めるという訓練をされてきていません。そこで女性とコミュニケーションを持とうとしたとき、“からかう”という手法をとるのです。そうすれば、とりあえず女性からの反応はありますから。もちろん、それは不快ゆえの反応なのですが、男はコミュニケーションが取れたと勘違いして満足しているのです。小学生のとき、男子が好きな女の子をわざといじめていたのとまったく同じです。しかし、あまりにもデリカシーのないコミュニケーション法ですよね……。もっとさかのぼりますと、昔は、女性のお尻を触って「キャー!」というようなことも当たり前でしたよね。今では信じがたいことですが、あれも男はコミュニケーションだと思っていたのです。そう考えれば、あと10年ぐらいすれば、年齢セクハラもだいぶ言う人は減るかもしれません。

とはいえ、仮にそんな社会がくるとしても、それはかなり先のことでしょう。それまで、傷つかないように身を守りたいですよね。そこでこのように年齢や見た目をからかわれたときはどうすればいいかというと、怒ってみせてください。そうすればその会話は終わりますし、その後も「あの人は年齢のことを言うと怒るからやめといたほうがいい」ということが伝わり、言われることは少なくなると思います。もちろんその場は微妙な空気になるでしょうし、言ってきた相手との関係性も悪くなるかもしれません。ですが、少なくともそういった発言はなくなります。

笑って流していたのでは、男は「受け入れられた」と思って、ずっと気づくことはありません。男だって本当は、女性と良好な関係性を築きたいのです。自ら気づけなくて本当に情けないのですが、男に分からせるためにも、毅然と怒っていただけたらと思います。

いかがですか?
齊藤先生の回答、ぜひご参考になさってください。
齊藤先生の回答一覧を見る

PROFILE