hamachiさんからの質問
Q.
40歳を過ぎた頃から、子供のハレの日など、たまに撮る写真の自分の顔のサイズが以前より大きく感じます。加齢と共に顔の筋肉も下垂している事実はあるにしろ、メイクの工夫で軽減できる方法はありますか?
チームmi-mollet 安倍佐和子さんの回答
A.
光と陰でメリハリを作るハイライターとシェーディングをレッスン

年齢とともに顔が大きく見えるのは、筋力が低下、脂肪が下がってゆるみ、メリハリがなくなることで膨張して見えるという、悲しい方程式。15年で20%も目が小さくなるのも、まぶたのかぶりのせい。普段からマッサージなどで、不要なものはスムーズに流してあげるのを前提に、メイクアップでメリハリをつければ、ぐっと引き締まった印象になりますよ。

メリハリをつけるということは、光と陰、凹凸をつくるということです。よく、目の下のクマが気になるからとコンシーラーですっかりカバーしてしまう人がいますが、逆にフラットに見えるから、顔が長く、大きく見えてしまいます。そんな盲点もあるので、フラットに見えないように意識することが重要です。

光を与え、凸に見せるハイライターを鼻筋、頬の上に。頬の下には陰、凹を演出するシェーディングカラーを自然に。おすすめは、カネボウ「ケイト スリムクリエイトパウダーN」は、シェーディングとハイライターがひとつになったアイテム。また、ジルスチュアートの「クリスタルルーセント フェイスパウダー」は、メリハリを演出しやすい5色パレットです。ぜひ、チェックしてみてください。

ハイライトとシャーディングがセットに。小顔メイクをひとつでかなえるパレット。 ケイト スリムクリエイトパウダーN 全2種 ¥1300(税別・編集部調べ)/カネボウ化粧品 お問い合わせ先/カネボウ化粧品 tel.0120−518−520
メリハリをつけながらふんわりとした柔肌に。5色のパウダーをくるくると混ぜて。 ジルスチュアート クリスタルルーセント フェイスパウダー SPF20・PA++ 全6種 ¥5000(税別)/ジルスチュアート ビューティ お問い合わせ先/ジルスチュアート ビューティ tel.0120−878−652