プティ・ミモレッタ バタやんの「読みごろFRaU」

2015.9.4

化粧ですっぴんを「作る」時がきた!

「すっぴん」という言葉は、なぜこんなにも女をざわざわさせるのでしょう。女優やタレントのすっぴん公開がニュースになったり、SNSで自らすっぴんを公開する人が増えたり……そのたびに批判的なコメントが出る一方で、見ずにはいられないのが女の心理。なんなら自分も公開したいようなしたくないような、そんな複雑な感情を抱かせる「すっぴん」。

晒して恥ずかしくないくらいの素肌を保つことはとても大事です。でも、30過ぎてそのままで人前に出るのはいかがなものかと……。手をかけて美肌に見せてこその大人の賢さと品格。というわけで、9月12日に発売になるFRaU10月号
では、そんな「すっぴん」ブームに待ったをかける「隠すが勝ち、の“なりすまし美肌”」を提案します。
ひとあし早く表紙を公開!

 

巻頭は美容ジャーナリストの齋藤薫さんと脳科学者の中野信子先生による“すっぴん分析”、「賢くすっぴんを“隠す”女、美肌を制す。」中野信子先生曰く、「なりすませるのは、脳を賢く騙せる女」。“もう年なのかも”というネガティブな気持ちは決して悪者ではないそう。

(社会現象を分析する読み物から始まる美容大特集は、FRaUならでは!と思います)

もちろん、ベースメイクで美肌を叶える「塗ったもん勝ち」の美肌プランや、化粧直しのテクニック、スキンケアの底上げアイデアなどなど、ハウツーもぎっしり。

わたくしは、お悩み別に厳選したファンデーションの新作カタログと、ファンデ以前の化粧下地問題、BB、CC、UVベースの使いこなし術を担当しております。

 

FRaU10月号は9月12日発売! お楽しみにです。
こちらのミモレでも記事の一部を順にご紹介していきますね。