水井真理子のビューティ・マルシェ

2015.12.27

待てる女性がキレイをつくる

 

私たちの肌には自ら作りだす「天然のクリーム」(皮脂膜)機能が備わっていますが、間違ったお手入れや睡眠不足、加齢などで、天然クリームができにくくなり肌はどんどん乾燥し始めていきます。若いころに何もしなくても、肌がツルツルだったのはこの天然クリームで満たされ守っていてくれたから。あのころに戻りたい!と思うけれど、そんな私たち女性の肌を若々しく保つために化粧品がたくさん用意されています。

化粧品は、肌が足りないものを補い、乾燥から肌を守ってくれたり、栄養を与えて肌をふっくらとさせてくれる肌の味方。その化粧品を肌にしっかりと栄養を届けるために化粧品をつける間隔をあけてみてください。一つつけたら3分あける。ただ、つけるのではなく肌に味あわせる時間を与えてあげてください。きっと肌は喜んでくれるはずです。