2015 Feb. 9

チェンジのきっかけ。自分のペースで

みなさま、こんにちは。
大草直子です。
日曜日からジュースクレンズを始め、草食化したのか、
少し声が小さいです。

有田麻奈美さんの記事「日々丸かじり――Lovely Bite」にも、
石川雅子さんのブログ「はなす、わらう、たべる」にも
ジュースクレンズのことが掲載されていましたので、
私も重い腰を上げてみたのです。
(暇があればmi-mollet(ミモレ)をチェックしている、大ファンの私(笑))
飲み過ぎ、食べ過ぎが年末から続いていたので良かったかも。

さて、そんな(どんな?)日のおしゃれのつぶやき。
今日は、ベーシックカラーの話をしましょう。
実は、私たちmi-mollet(ミモレ)のテーマはチェンジ。
昨日まで親友だった服が突然いじわるになったり、
鏡の中の自分の顔が、予想しない顔になっていたり。
途方にくれたり悩んだり、落ち込んだりもしましたが、

そのタイミングが「変わる」チャンスだと、私たちは考えます。

ハイゲージのグレーのニット――5年は着たであろう――に、
私も41歳の秋、お疲れ様を言いました。
スキンケアも見直して、年齢を見つめ直すラインナップに替えました。
シャンプー&コンディショナーもそうです。

こういったチェンジの中でも最も大きいのが、
実は自分を支え続けた色だったりします。
例えば、今日はネイビーのコートにグレーのニット。
今までなら、グレーのスカートを合わせていたところを、レンガ色のスカートに。
ネイビー×グレーという色合わせを、
ネイビー×グレー×レンガ色にチェンジしたのです。

理由はただ1つ。元気に見せたいから。
ネイビー×グレーでシックだけだと少し落ち着きすぎてしまうのを、
「もう1色」でチアアップさせるようなイメージでしょうか。
「元気な人」って、「おしゃれな人」と言われより、
もしかしたら嬉しいかもしれない。

20代のときはやせ我慢ばかりしていたのに。
その人の印象を形作るいろいろなファクターの優先順位も、
時とともに変わってきますね。

大草 直子

Today's pickup

東京とても寒いです。ユニクロのウルトラスリムダウンも着てくれば良かった……。2月に入って、雪が降ったり、また本格的な冬に逆戻りしたような。地域によっては、今日も大雪の心配があるようなので、皆様、暖かくしてお過ごしくださいね。

CREDIT :

コート/ハウント ニット/以前買ったノーブランド スカート/サクラ タイツ/ブルーフォレ バッグ/ピエールアルディ ハット/ミュールバウアー