おしゃれ更年期の処方箋1「まずは服を替えずにヘアスタイルを変えてみる」

2016.4.13
7

簡単!短めヘアでもできるシーン別アレンジ

髪が短いから、いつも同じ印象になってしまう……。それは思い込みかもしれません。ミモレのブログも大人気、サロン「WHITEHOUSE」のオーナーとしても活躍する寺谷真由美さんは、ショートヘアでもさまざまなヘアアレンジを楽しんでいます。そこで、寺谷さんをお手本に、シーンに合わせたヘアアレンジにトライ! おしゃれとは、トータルなもの。シーンにふさわしい服を選んだら、ヘアスタイルも変えなくちゃ。

寺谷真由美さんが実演解説☆
簡単アレンジでこんなに印象が変わる!

  • きちんとスタイル
  • カジュアルアレンジ
  • お着物スタイル

寺谷真由美さんのベースの髪はこちら…… 

現在は耳下くらいのショートボブ。前髪はサイドにつながるように、やや長めです。若かりし頃は毛量が多く、髪が太いのが悩みでしたが、今は年齢相応の量と太さに。
起きたての髪は、こんなにクリンクリン。もともと、クリクリのパーマをかけたようなくせ毛なので、くせを生かせるカットを! というのが、いつもの私のオーダーです。

【ベースのブロー】
すべてのスタイルのアレンジをする前に必要なプロセスです。

自分の分け目と反対に髪を分け、指で軽く引きながらドライヤーをキューティクルの流れに沿って斜め上からあてるのがポイントです。

【使っているのはコレ】

毎日のお助けドライヤーは、リュミエリーナのヘアービューザー。水分バランスを整えてくれるので、この頑固なくせ毛にツヤ感を与えながらいい感じにくせを伸ばしてくれます。 お顔に冷風をあてるとリフトアップ効果もあるドライヤーです。



お仕事シーンやセレモニーなどに
きちんとアレンジ


オフィシャルなシーンでは、きちんと感が何より大切! 前髪をストレートにして片方の髪を耳にかけ、大人っぽいアシンメトリーヘアに。

前髪をストレートにすると髪のツヤが際立ち、清潔感が生まれます。自然に斜めに下ろすことで、知的な雰囲気も演出できます。

【用意するのは】

ミルボン ジェミールフランスプレーSW ¥1600(税抜)、ヘアビューロンストレートアイロン ¥35000(税抜)、ダブルピン 数本 

【つくり方】

<プロセス1>
まず、全体を横分けにして、片方の髪は耳にかけておきます。くせの強い前髪はストレートアイロンでのばします。毛束の根元付近をストレートアイロンではさみ、毛先に向かってスーッと滑らせて。
<プロセス2>
衿あしの髪に動きを出すとラフな印象になるので、きちんと見せたいときは、衿あしの髪の動きは控えめに。ダブルピンの重みを利用して、カールしやすい衿あしのくせをのばします。
<プロセス3>
つぶれやすいトップは、エアワックスで束感をキープ。指で毛束を持ち上げ、髪の根元を狙ってシュッとひと吹き。これを何回か繰り返すと、自然なふんわり感が演出できます。

【完成!】

打ち合わせではメガネをかけることも多いので、片方の髪を耳にかけるとバランスよく見えます。まとまりのあるシルエットとトップのふんわり感で、スタイリッシュな雰囲気に。