VOCE編集長がミモレ読者に贈る「頑張らない美容のススメ」

2016.10.6

6週間で7キロ減!
リバウンドなしでさらに3キロ減の方法とは?

こんにちは。すっかり秋ですね。ごはんが美味しい季節になりました。
さてさて、ダラダラと続けてしまったダイエットシリーズも一区切り。6週間のその後の話をしたいと思います。

3月18日に6週間プログラムを終えてから、約半年たちました。その間に多少の増減はあるものの、緩やかに体重は下降を続け、現在トータル10キロ減ぐらいで推移しています。
ダイエットにおいて重要なのは、終わった時の過ごし方。終わった瞬間にすべてを解禁してしまっては、リバウンドの危険性が……!

私の場合、ビールは早々と解禁。それでもなるべく1杯だけにとどめ、あとはハイボールで乗り切るように。炭水化物も朝ごはんは麦飯をたべたり、ちょこちょこ食べてはおりますが、パスタやうどんなどの1皿ランチはいまだになるべく避けるようにしている感じ。日本酒とすし飯のコンボであるお寿司は大好きなのですが、いまだ1回も食べておりません…!(もちろん、いつかは解禁しますよー。美味しいお店を探しています)でも、それ以外はむしろ、食べすぎるほど食べている日も……。あ、社食ではいまでも糖質オフですけれども。

それと毎日体重計に乗ること。とにかく、どんなに食べ過ぎた翌朝で体重なんて量りたくない日も必ず乗るようにしています。それだけでも、やっぱりちょっと増えているとセーブする意識が働きます。

タニタのインナースキャンは本当にいい買い物でした。スマホと連動して、日々こんな感じでグラフもつけてくれます。半年おわった3月までの減り方とカーブは変わっていますが、ゆるやかに減! 飲み過ぎたときは乗るときにエイヤっと掛け声をかけたり(笑)

運動は、無理なく続けられる週1ペースで加圧ピラティスとインディバを引き続きソラーチェ代官山で。

あとは、ソリデンテ南青山にも通って、筋肉を柔らかくたもつことをこころがけています。6週間の間はお休みしていましたが、ダイエット後に再開。ソリデンテの小野先生には付録をつくっていただいたりして、とっても信頼しておりますが、最初は激痛で叫んでいたマッサージもいまではウトウトできるぐらいに。小野先生曰く、糖質をとっていないと身体もすごく柔らかくなるそう。マッサージと相乗効果でより痩せやすくなるそうです。

最初にはずみをつけると、その後は食事や運動をゆるめにしても、そのあとダイエット効果って続くものだなーと実感しています。

こちらがソリデンテ南青山。紫を基調にした落ち着く空間です。最初は激痛だったので、落ち着きとかは感じられませんでしたが……笑。その時は筋肉は堅くて、身体もかたくて、でも通い続けるうちにいまでは痛みもほとんどなく、終わった後はすっきり爽快な感じになるから本当にすごい! モデルさんや女優さんが通い詰めるのもうなづけます。
ミモレ大森さんと仕事で熊本へ行ってきました。グーグルマップでは、市内に行くのと同じぐらいの時間だったので、阿蘇の方の温泉を予約したのですが、山道は時間がかかりました……。でも、ひなびたとってもいい宿で、お湯も最高!でした。