2016.12.29

冬休みは東南アジア三昧。
バンコクにはクラフトビールの波が来てる!

今年も残すところあとわずか! 1年ってあっという間ですね。

昨年同様、少し早めのお休みをいただいて旅に出ています。
行先はトランジットのバンコク2泊とスリランカ! インドに続く、カレーを食べる旅です。

前半はバンコクでタイ料理三昧(ようするにどこでも食べる……)。ちょっとご無沙汰のバンコク、おしゃれなお店が増えていました。いちばん私がおお!と思ったのはクラフトビールの波がバンコクにも来ていたこと!
日本でもどんどんお店が増えているクラフトビールですが、バンコクでもすごい盛り上がりなんです。

 

シンハービールもいいけれど、軽くて飲んでるうちに飽きちゃうというか、たくさんは飲めないんだよな……と思っていたところ、友達がクラフトビールのお店につれていってくれました。タップもたくさんつながっていて、生でいろいろ飲めちゃいます。

 

IPAでかんぱーい! アメリカのが多かったですが、そのあと調べたところによるとクラフトビールのお店は本当にたくさんあって、各国のが飲めるようです。ただ、昼間からあいているところはたくさんはないので、このお店は貴重でしたね。

 

こちらはタイのブリュワリーのクラフトビール。ラベルも面白いですね。ムエタイしているコアラ?とワニと。味も軽やかで南国のIPAってかんじだったり、タイハーブの香りがするペールエールだったり。すっかり堪能しちゃいました。

今回一番感動したものはエビのガパオ。ホーリーバジルの香りが鮮烈で、これがガパオか!と唸りました。

でもこのお店、友達が連れて行ってくれたのですが絶対にたどりつけないようなローカル感。タイ語のメニューしかないんですよねえ。川のそばに屋根だけテントで張ってあるような簡易な感じです。

 

前回バンコクにきたときに一番感動したスープ屋さん。今回もリピートしました。薬膳スープが常時たくさん蒸されているところから好きなのを選びます。

 
 

写真は冬瓜とアヒルと塩マナオ(レモン)のスープほか。一椀づつ蒸していてどれも滋味にあふれています。前回はなかったUber(ウーバー※オンライン配車サービス)を利用して割とすんなり行けたのがよかったです。帰りはしかし、バスにのるという高難度な技が必要で。バンコク在住の友達の案内があってこそのお店です。

 

チェンマイ料理のお店にもいきました。鳥と生胡椒炒めはレモングラスを割いてしゃわしゃわっとあげてあって、食感が抜群! 生胡椒がプリッとしてて美味しかったなあ。