ジュエリーデザイナーMIZUKI「バイコースタル・センス」

2015.3.14

旅先でも普段使いのジュエリーを! 

旅行って、いつだってワクワクしてしまうもの。そして、私にとっては、トランクにあれこれつめるパッキングも、またベストタイムのひとつです。

仕事であれパーソナルであれ、旅先でも常に“自分”を忘れたくない――。だからこそ、旅に出るときは、私なりのそのシーズンのお気に入りの洋服や小物、ジュエリーをたっぷりとトランクに詰めます。

大ぶりのバロックパールがついたカフバングル。1本だと繊細ですが、こんなふうにたっぷり重ねてつけるのもお気に入り。

服や靴はシチュエーションによって変えられるように準備しますが、ジュエリーはいつもと同じピースを。たとえば今シーズンなら、カフバングル、大ぶりのステートメントリング、コラーネックレスが欠かせません!

ただひとつ違うことは、どうやってそのジュエリーをスタイリングするか! ちょっとした工夫で、あらゆる雰囲気が楽しめるんです。昼と夜では服装が違うこともあり、それなりにジュエリーのスタイリングも変わります。

では、私のスイッチコーディネートをご紹介しますね。

SCENE1

白のトップスでカジュアル ルック:ウイークエンドやランチに。

SECNE2

ブラックのブレザーのドレスアップルック:ミーティングやデイナーに。


パンツは同じものですが、トップスと靴をチェンジ。ジュエリーも少しアレンジしています。どちらもダイヤモンドのコラーネックレスとバロックパールのカフバングルをつけていますが、ダイヤモンドのピアスを加えることで、カジュアルからドレスアップにふさわしいルックに!

たとえば、出張先で一日中外で仕事をして、ホテルに戻る時間のないままディナーへ、なんてこともありますよね。そんなときもイブニングとしての新鮮な雰囲気を感じさせられるように、ジュエリーだけでも着替えたい!

旅先ではこういったことが多いはず。だからこそ私は、いつもジュエリーを多めに持ち運べるように準備しておきます。そのためには、ジュエリーをまとめてキャリーしないこと! 服装にあわせてすぐチェンジできるように、ジュエリーをシーンごとに収納するのがポイントです。(ジュエリーウォレットも必然的に多くなってしまいますが、それもおしゃれのためなら我慢して!)

備えあれば憂いなし! あわただしい旅先でも、ジュエリーがあなたに自信と笑顔を届けてくれます♡

MIZUKI