なおふくさんからの質問
Q.
何となくやりたい職種はあるものの、
資格も中途半端、会社を辞める決断もつかず……

37歳、1年前に出産し、現在育休中です。この4月に復帰予定なのですが、育休中に取った資格(整理収納アドバイザー2級、生前整理アドバイザー2級)を活かし、今の仕事を辞め、個人でやっていくか迷っています。ただ2級の資格ではお金をいただけないので、さらなる勉強が必要です。また現在の会社に15年以上勤めており、融通もきくので辞めるのももったいない……、とボンヤリとしております。最近はバースデイプランナーという資格にも興味がわいていて、自分は何がしたいのか迷走しています。新しいことをしたいが踏み出せない……、憧れだけでとりあえず資格取得……、と全てが中途半端です。何か良いアドバイスありましたらいただけませんでしょうか?(37歳)

特別ゲスト 島谷美奈子さんの回答
A.
まずは無料でイベントを開くなどして
様子を見てみるのがオススメです。

整理収納アドバイザーは最近人気で、この資格を取って活躍されている方も多いですね。部屋を片付ける時間がない人が増えていますから。

さて、なおふくさんの状況を整理させていただきたいと思います。まず、整理収納アドバイザーと、生前整理アドバイザーの2級の資格を取られたとのこと。だけど、今の会社には15年以上勤めていて、辞めるのも惜しいと考えられている。そこで考えてみてほしいのは、なぜこの資格に興味を持ったか?ということです。バースデープランナーにも興味を持たれているとのことですから、人が喜ぶ仕事をしたいと思っているのか……。おそらく、そこをクリアにすることで、どうすべきかのヒントが見えてくると思うのです。

そのうえで、本当に資格を活かした仕事をしたいと思ったなら、挑戦されるのも1つの手だと思います。ただ、整理収納アドバイザーは、部屋をきれいにすればいいだけではありません。やっていくには、顧客の獲得が必須です。それには人の目に留まるプロフィールを作って、自分を売り込んでいく力も必要。整理収納アドバイザーに依頼するとき、多くの人は、その人のプロフィールや発信しているブログなどを見て決めますから、もっと上の級を取ることより、そちらの活動に力を入れられるほうが大切かもしれません。たとえば無料のイベントを開いてみるなどして、顧客の反応やニーズを探る、といったことをされるのも良いかもしれません。ちなみに私の仲のいい整理アドバイザーさんは、双子のママなんですね。彼女はもともと片付けが好きで、かつ双子のママだったことから、双子ママ向けの講座や子供連れ向けのイベントを開いて、顧客を増やしていかれたのです。そのように「双子」とか「子連れ」といったキーワードがあると、客側も行きやすいので、なおふくさんも何か自分の武器になるものを探されてみてください。または、最近は「ココナラ」のように、自分のスキルを売るサイトもありますから、そういったものを利用するのも手でしょう。

今すぐどうこうしようというのではなく、2、3年ぐらい時間をかけて、そのように無料でいろいろやっていかれるのが良いと思いますよ!

いかがですか?
島谷美奈子さんの回答、ぜひご参考になさってください。
島谷さんの回答一覧を見る

PROFILE
  • 島谷 美奈子(しまたに みなこ)Warisキャリアカウンセラー。Warisワークアゲイン事業プロデューサー。国家資格キャリアコンサルタント。産業カウンセラー。健康経営アドバイザー。人材ビジネス業界と公的機関で15年以上の経験を持ち、キャリアカウンセリング実績は延べ 5000名以上。Warisキャリアカウンセラーとして、転職・フリーランス転向支援、キャリアママインターン事前研修講師を務めている。また横浜市、相模原市、横須賀市、新潟市等にて再就職セミナーの実績多数あり。横浜ウーマンビジネスフェスタ2015-2017実行委員でもある。※Warisワークアゲインは離職期間の長い元キャリア女性の再就職を支援するサービスです。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る