ブログのフォロワーは約24万人!テレビや雑誌で大注目の戦略スタイリスト・窪田千紘さんに「大人体型」でもきれいに服を着るコツをうかがいます。
今回のテーマは、大人体型がやってしまいがちなNGコーデを、すっきり痩せ見えさせるポイントです。

窪田千紘(くぼた・ちひろ)   服飾戦略スタイリスト。2018年ミス・ユニバー ス・ジャパン東京大会ビューティーキャンプ講師。米国の大学を卒業後、広告代理店でデザイン関連のディレクターを務める。これまで感性やセンスの分野だと考えられていた撮影関連のスタイリン グを日本で初めて法則化した『フォトスタイリング』を提案。2010年(社)日本フォトスタイリングアソシエイション設立。全国のべ1万人以上に 美しく魅力的なフォトスタイリングを提唱している。


モデルとして登場するのは、窪田さん率いるフォトスタイリングのブログで大人気の「おばちゃんアイドル」(笑)、160センチ63キロの大人体型代表、事務局・原田容子さん。新刊『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』でも 誰もが一度はやってしまう、「あるある」なNGコーディネートと、ダイエットなしで5キロ痩せ見えするコーディネートを披露。ビフォア&アフターのギャップが読者の心をがっつり掴み「原田さん大好きです!」「私も大人体型です」「同じ服を買いました」とファン急増中なのです。
最近では道を歩くと「原田さーん!」と手を振られ、握手を求められることも多いのだとか。

それでは早速、原田さんにご登場いただきましょう。

 

あれ?このパーカー、このシャツ、我が家のクローゼットにもありますが……?

「そうですね(笑)。グレーのパーカーやチェックのシャツは、誰の家にも1着はあるかもしれません。でも、それらを組み合わせて上から下まで全身カジュアルにまとめるのは、大人体型には厳しいかもしれません。サイズも、ムリしてМサイズを着たことで、ムチムチした印象になってしまっていますね。どこかにキチンと感を出した方が、すっきり素敵に見えますよ」(窪田さん)

そこで原田さんに、窪田さんおすすめのコーディネートに着替えていただきました。すると……

タートルニット/ドゥクラッセ、 バッグ/ZAKKA BOX、スカート/ベルメゾン、ブーツ/私物

同一人物ですが、確かにほっそり見えます!

窪田さんによる「大人体型攻略」ポイントは6つ。

1 ハリのある素材のロングタイトは下半身やせ見えの強い味方。

2 柄物を取り入れる時は、トップスよりボトムスにしたほうが、すっきり見える。

3 柄物は明るい色よりも暗い色のほうが、引き締め効果がある。

4 タートルネックはピタピタ禁止。ゆとりのあるサイズを選ぶ。

5 トップスは半分インするだけでも、脚長効果が期待できる。

6 タイツとブーツを同じ色でつなげることで、さらなる脚長効果が。

7 ポインテッドトゥを選ぶと、ヒールの低いブーツでも全身がすっきり見える。

「いくつになっても可愛いものが好き!という人には、ギンガムチェックがおすすめです。大人らしい程よい可愛らしさが演出できますよ」(窪田さん)


窪田さんの最新刊、『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』にも大人体型を素敵に見せるテクニックが満載。
ぜひ合わせてご覧ください!

 

<書籍紹介>
『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』

窪田 千紘 著 1300円(税別) 講談社

ファッションブログ・人気ランキング第1位ブログ主宰の著者が伝授するダイエットいらず・プチプラOK・即効で-5キロ見え!
大人体型の魅力を最大限に引き出す着こなし新ルール実例集。

撮影/南都礼子
取材・文/榎本明日香
構成/片岡千晶(編集部)

 

第1回「服飾戦略スタイリスト窪田千紘さん 40代から襲われる「サイズ9号の呪縛」」はこちら>>
第3回「寒さで着込んでもOK!4、50代が着ぶくれしない7つのポイント」はこちら>>