毛糸さんからの質問
Q. 家族仲が良くなかったために、
結婚に対して前向きになれません……

結婚は素晴らしいものと思いたいのですが、前向きになれません。祖父や父の不倫、母と祖母の不仲などで家族の困難さや不気味さを味わった一方で、もういい大人なのだから、このまま過去や人のせいにして、うじうじし続けて時間が経ってしまうのも嫌なのです。素直になれる相手と人生を楽しめたら、どんなにいいか。また親の立場になって、父や母の事情を理解することもできたら。しかし、自分が結婚できるとはとても思えません。もちろん、結婚が全てではないのもわかってはいるものの、相手もいないし暗い気持ちになってしまいます。(30歳)

特別ゲスト 小林照子先生の回答
A. 結婚に後ろ向きな連鎖を
アナタの代で断ち切って!

どのような親や祖父母のもとに育とうが、その経験を生かす方法は2通りしかありません。1つは、親や祖父母と同じことをする、という方法。「こう育てられたからこうなっちゃったのよね」と。もう1つは、その連鎖を断ち切る、という方法。毛糸さんの結婚に対する考え方にも連鎖を感じましたが、これは誰かが断ち切ってあげないと、未来の子孫にもずっと続いていくことになってしまいます。でも毛糸さんは、このようにmi-molletに「解決したい」と投稿をされている。それだけでも、すでに連鎖の切断は始まっていると思いますよ。このまましっかりと断ち切って、新しい未来を作っていってください。それが毛糸さんの役目でもあると思います。

そのうえで結婚というものについて、ちょっとお話したいと思います。毛糸さんは、結婚は「素晴らしい」か「不幸」の2つしかないと思っている節がありますよね。でもね、結婚て百人百様なんですよ。生まれも育ちもまったく違う人間が共同生活を送るわけですから、いろいろな齟齬が生まれます。それを「へー!」と驚いたり、「なるほど」と関心したり、あるいは反発したり、喜んだり笑ったり……、あっちに引き寄せこっちに引き寄せしながら整えていくのが結婚だと思うのですよ。つまり、「素晴らしい」と「不幸」の中間がいっぱいあるということ。洗濯物の畳み方一つで揉める夫婦もいれば、ケンカしてもすぐ仲直りする夫婦もいる。本当に、百人百様なんです。そうして時を重ねているうちに、共通の喜び、共通の未来が生まれてくるんです。毛糸さんも、そんな時間を重ねてみて。

何より、今はお母様やおばあ様が育った時代のように、女が耐える時代とは違います。意思さえあれば、自分が主導権をもって幸せに生きていくことが充分可能。毛糸さんはそんな結婚生活を送って、親や祖父母たちの敵を取ったらどうかしら?

PROFILE
  • 小林照子(こばやしてるこ)1935年生まれ。美容研究家。現在のコーセーを経て、1991年に「美・ファイン研究所」を設立。モデルや女優、政治家など何万人ものイメージ作りを手がけるほか、[フロムハンド]メイクアップアカデミー、青山ビューティ学院高等部東京校・京都校の学園長も務めている。最新著書『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)が好評発売中。プライベートでは27歳で結婚。娘の小林ひろ美さんは同じく美容家として活躍中。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子 

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧