title
4

Sサイズだからこそ、マキシワンピースに頼りたい【5日間コーディネート】

Sサイズだからこそ、マキシワンピースに頼りたい【5日間コーディネート】スライダー1_1
Sサイズだからこそ、マキシワンピースに頼りたい【5日間コーディネート】スライダー1_2
Sサイズだからこそ、マキシワンピースに頼りたい【5日間コーディネート】スライダー1_3
Sサイズだからこそ、マキシワンピースに頼りたい【5日間コーディネート】スライダー1_4
Sサイズだからこそ、マキシワンピースに頼りたい【5日間コーディネート】スライダー1_5
35歳 /モデル/158cm

「とにかくワンピースが大好きで、1年中ワンピースを着ています。おしゃれが簡単に決まるし、1枚のワンピースでも着こなししだいでシーズンレスに楽しめるし、合わせる靴を選ばないし、身長が低いのもバレないし、体型カバーにもなるし…。困ったら、マキシワンピース!というほど、制服的に頼っているアイテムです。

このイザベルマランのワンピースは、透け感のある柔らかなシルク素材で上品なデザイン。ディナーやレセプションパーティなどのシーンに活躍しています。繊細な素材ゆえ、シュッと縫い目が裂けてしまうこともあるのですが、そのたびにちゃんと直して大切に着ている一枚です。実は、同じ形の色違いももっているくらい、大のお気に入り。

ワンピースの柄から1色を拾って、ネイビーのブレザーを合わせて。きちんとしなくちゃいけないけれど、かしこまりすぎたくないというときにぴったりの組み合わせです。

仕上げに、シルバーのジュエリーをレイヤード。料理の仕事も多いため、ふだんネイルを塗っていませんが、手元が寂しく見えないように、ジュエリーの重ねづけを楽しんでいます。手持ちのジュエリーはほぼシルバー系ですね。肌の色に合うというのはもちろん、甘く見えがちな顔立ちを辛口にもっていきたいので、意識的にシルバーを選んでしまうということもあると思います」(高山さん)

撮影/最上裕美子
スタイリング・モデル/高山 都
ヘア&メイク/後藤若菜(ROI)
撮影協力/徳永千夏
構成/高橋香奈子

NAOKO'S コメント

深いボルドーのワンピースが可愛い! こうした透ける1枚は、春夏秋はもちろん、マットな素材と合わせることで「冬の着こなしの救世主」になります。寒くなったら、アンダーにタートルニットを重ねたりと、スタイリングの幅も広い! バッグとシューズを上質なものにし、ほっこりさせないのも正解です♡

高山 都さんの他の着こなしはこちら>>

ジャケット#ロク
バッグ#セリーヌ
ピアス#ララガン
リング(右手薬指)#ララガン
(左手中指)#エルメス
(左手小指)#グリュン
シューズ#アクネ

MIYAKO TAKAYAMA

ビューティーモデルを始め、ドラマや舞台などでも幅広く活躍。料理上手としても有名。2018年夏に出版した著書『高山都の美 食 姿』(双葉社刊)は、美容から、得意の料理、おしゃれまで、高山さんの魅力が詰まった一冊。高山さんご自身も、ミモレを日々チェックしてくださっている方のおひとりで、今回ミモレに登場できる機会を心待ちにしてくれていたといううれしいコメントも。1982年生まれ。