title
4

すっきり&ほっそり見えには“縁どり配色”が効く

今や定番的存在となったロング丈のコート。防寒具としてはとても暖かく便利なのですが、着こなしが重く見えてしまったり、着ぶくれしてしまったり…と悩むことも多いアイテムですよね。スタイリスト川上さやかさんおすすめの“縁どり配色”なら、手っ取り早くほっそり&すっきり見えるそう! まろやかワントーン配色が好きだけど、どうもうまくいかないと悩める方への愛のあるダメ出しにも注目です!

“縁どり配色”とは、体の外側の色を額縁のように濃く、内側の色を薄くする色合わせのこと

コート/ドゥーズィエム クラス スエット/ビューティ&ユース パンツ/アーペーセー バッグ/ユナイテッドアローズ 靴/アクネ リング/ティファニー

「“縁どり配色”とは、体の外側にあたるコートの色を濃く縁どり、内側にあたるインナーの色を薄くすること。体の外側を濃い色にすることで、シュッと引き締まった印象が叶います。上のコーディネートの場合は、コートはダークブラウン。それ以外は、明るめの色でまとめています。ほかに、黒、ネイビーなどのダークカラーのコートをお持ちの方は、この配色を意識されてください」

淡い色のコートを持っている人は、“逆縁どり配色”で!

コート&ニット/ユニクロユー スカート/エーピーストゥディオ レギンス/タビオ バッグ/エバゴス 靴/ポルセリ サングラス/ジェントルモンスター イヤリング/シャルロットシェネ リング/ティファニー

「キャメルやベージュ、白などの薄い色のコートをお持ちの方は、上の配色とは反対にしてください。コートが薄い色、インナーが濃い色、というように。インナーのトップスとボトムを同系色にすることで、前を開けて着たときに、コートのフロントが縦長のIラインを生み、体がシュッと細く見えます」


ワントーンコーデに愛あるダメ出し!
淡い色のワントーンは、ひと昔前の合わせ方です

 

「配色の話をしているときに、この企画を担当してくれているエディターの高橋さんに『こんなグレージュのワントーンが好きだけど、うまくいかない。どうすればいい?』と聞かれたんです。仲良くしてもらっているので率直に言わせてもらいますが(笑)、淡い色のワントーンはひと昔前に人気があった配色。今ならもう少しメリハリが欲しいものです。このコーディネートの雰囲気を生かしながら、もう少しすっきり&ほっそり見せたいなら、パンツや靴をダークブラウンや赤茶に変えるといいですよ。

淡い色だけのワントーンは、やさしそうな人には見えるけれど、全体の印象がぼやけて、古い感じに見えてしまいます。縁どり配色がなぜいいかというと、濃い色、淡い色を両方取り入れることで、メリハリのあるコーディネートが容易に叶うところです」

PROFILE 川上 さやかさん

スタイリスト。大手金融会社のOLからスタイリストに転身した異色の経歴の持ち主。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。身長154㎝。instagram:@sk_120

撮影/目黒智子
スタイリスト/川上さやか
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)
構成/高橋香奈子

 

第1回「ほっこり&太って見えそうなボアコートに物申す。その正解は?」はこちら>>
第2回「ニット×シャツは古い! “脱ほっこり”な今どきレイヤードって?」はこちら>>
第3回「ニットのおばさん見え解消のカギは、サイズ選びとボトム合わせ」はこちら>>

特集「スタイリスト川上さやかさんが徹底レクチャー 大人の女性は、“脱ほっこり”であか抜ける!」はこちら>>