title
5

まったり冬コーデが今っぽく、すっきり見違える。変えるのはバッグだけ!

冬になるとダークカラーの服装が多くなりますよね。気づいたら全身真っ黒だったという日も…。そんなとき、バッグの色合わせだけであか抜けて見える方法をスタイリスト川上さやかさんに教わりました。

昨冬なら、黒コートのダークなコーディネートに「黒バッグ」

コート&パンツ/ドゥーズィエム クラス ニット/スローン バッグ&靴/セリーヌ イヤリング/ユナイテッドアローズ リング/ティファニー、ドゥジャガー

「これまでなら、黒コート×黒ニット×黒ブーツを身につける日は、なんの疑いもなく、黒バッグを持っていました。この組み合わせは、今でも間違いという訳ではありません。時間がなくてコーディネートに時間がない朝には助かります。ですが、この冬はバッグの色を明るくしたい気分で…」

この冬なら、黒コートのダークなコーディネートに「ブラウンバッグ」

バッグ/ロエベ その他/上と同じ

「服は上とまったく同じで、バッグを黒より明度の高いブラウンに変えただけです。それだけで、今っぽく見えるし、ブラウンの色味が抜け感となり、全身が軽やかに見えます。以前なら、“バッグと靴の色をそろえるのがおしゃれ”とか、“黒とブラウンを合わせるのはおかしい”というファッションの定説があったのに、今はそうではないとは、ファッションを仕事にしている身としてもとっても不思議です(笑)」
 

かごバッグやクリアバッグもブラウンバッグと同じ役割を果たしてくれます

バッグ(左)/エバゴス バッグ(右)/モルミルス

ボアコートには、コートとバッグの素材に差がありすぎてミスマッチだったかごバッグですが、ウールコートのときには活用できます。マットなウールコートに軽やかさを添えてくれます。クリアバッグも装いに抜けをつくるのに有効です。ただし、透明のクリアバッグなど、コートと色の差がありすぎる場合は、バッグだけが浮いて見えるので、グレー系やネイビー系など、落ち着いた色みのクリアバッグを選んでください」

黒コートのダークなコーディネートに「クリアバッグ」

バッグ/モルミルス その他/上と同じ

「上と同じコーディネートにグレーのクリアバッグを合わせるとこんな感じ。かごバッグもクリアバッグも、持ち手がレザーやエコレザーであるということが実は大事なポイント。重みのある冬のコーディネートにバッグをなじませるのにひと役買ってくれるんですよ」

では、冬のダークカラーコートに合わせないほうがいいバッグって?


「ダークカラーの洋服にバッグで明るさを足すとよいと言っても、ほっこり見せないようにするためには、バッグの色を選ぶ必要があります。赤、ピンク、オレンジなど、暖色系の色はほっこり感を高めてしまうので、避けるのがおすすめです」

PROFILE 川上 さやかさん

スタイリスト。大手金融会社のOLからスタイリストに転身した異色の経歴の持ち主。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。身長154㎝。instagram:@sk_120

撮影/目黒智子
スタイリスト/川上さやか
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)
構成/高橋香奈子

 

第1回「ほっこり&太って見えそうなボアコートに物申す。その正解は?」はこちら>>
第2回「ニット×シャツは古い! “脱ほっこり”な今どきレイヤードって?」はこちら>>
第3回「ニットのおばさん見え解消のカギは、サイズ選びとボトム合わせ」はこちら>>
第4回「すっきり&ほっそり見えには“縁どり配色”が効く」はこちら>>

特集「スタイリスト川上さやかさんが徹底レクチャー 大人の女性は、“脱ほっこり”であか抜ける!」はこちら>>