title
5

白T×デニムのカジュアルコーデには、まつ毛にブルーの清潔感を【エディター・安倍佐和子さん】

プライベートではサーフィンが趣味の安倍さん。休日カジュアルでも、アクセサリーを合わせラフになりすぎないように。白Tシャツ/スリードッツ、スカート/DRAWER(デニムジャケット含め、すべて安倍さん私物)

白T×デニムのようなカジュアルな服装では、とくに清潔感をキープするのが重要。大人のメイクで清潔感とは、“抜け感”のこと。服がカジュアルだからとメイクを足してしまうのはむしろ逆効果です。加減が難しいという人は、色で抜けを作るのがおすすめですよ!

1日目にも使ったルナソルのパレットが再登場。赤み系ベージュのアイシャドウで自然な陰影を出します。ゴールドパール入りのコフレドールのリップは質感チェンジに。サンローランのリップはチークとしても使いました。リップのチーク使いは、色と同時にツヤものせられるのでおすすめ。逆にチークもクリームタイプならリップとしても使えます。

服がカジュアルな時のマスカラは、黒よりブルーがおすすめ。紺色っぽい発色で浮くこともなく、ブルーの持つ軽さと清潔感をプラスできます。

今回は5日間、どれも“抜け感”を重視したメイクにしましたが、もっとフォーマルな装いの時は上からパウダーを重ねればOK。つまり肌の質感もメイクの色も、洋服とのバランスを考えながら決めていくのが、失敗しないための一番のコツなんです。ここさえ守れば、首の上と下がちぐはぐ、なんてこともならずに済みますよ!

PROFILE 安倍佐和子さん

化粧品会社、出版社勤務を経て独立。現在は女性誌、広告、講演等で幅広く活躍。mi-molletは創刊時からレギュラーメンバー。認定ホメオパス、フィトテラピーアドバイザーの資格を有し、メイクアップからスキンケアサイエンス、ホリスティック系まで得意分野は幅広い。著書に「人と比べない美人力の磨き方」(講談社)がある。趣味は旅行、サーフィン、スキーなどアクティブ系。instagram:abesawakobeauty  Twitter:@abesawako

撮影/横山翔平(t.cube)
取材・文/山崎恵
構成/片岡千晶(編集部)

・第1回「基本のメイクはベージュのアイカラー×ベージュピンクのリップで」はこちら>>
・第2回「この春トレンド色のオレンジを服にもメイクにも」はこちら>>
・第3回「カジュアルな撮影日、メイクはナチュラル、でもツヤを!」はこちら>>
・第4回「春の休日は、華やかな“幸せピンク”をまとって」はこちら>>