スタイリスト、ミモレコンセプトディレクターの大草直子が着こなしのアイデアや日々の思いを綴ります。

白のシャツを着ている時にカレーうどんを食べたり、普段は白ワインなのに急に赤ワインを飲みたくなったり。これ、何なんでしょうか?

さらに、白の衣装でイベントの出番を待っているのにキットカットを食べて。ぽろっとかけらをスカートに落とし、「あ!」と思って手で払ったら、イベントにかける熱意に一瞬で溶けたのでしょう。まんまとチョコレートのシミを作ってしまったり。(これ以降は、衣装を着た後は、飲まず食わずで我慢します)

シミに効く「救急措置」は、ドクター・ベックマンのステインデビルス。シミの内容(油なのか口紅なのか)によって分かれています。「できたてのシミ」には効きやすく、リオの制服の襟裏の汚れなんかにも使っています。持ち運び用には、(今は切らしている)ステインペンを。

この話題を広げて(笑)、洗濯の話を。先日も、家中の掛け布団カバーやら枕カバーを、全部洗濯!コインランドリーで(笑)。最高にフレッシュ(笑)。普段はエコストアを。ユーカリの香りが癒し! 個人的に柔軟剤や洗剤の香りは好きではないので、このエコストアみたいに、使う時はキリッと香り、洗いあがった衣類はほとんど香り移りがないのが気に入っています♡ タオルは絶対にこれで。

そして、ホットヨガウェアやマット、リオの制服や靴下(笑)など。なかなかにおいや汚れがとれないものは、アタックZERO。こ、これ本当にすごいですよ。ホットヨガウェアを、うっかり「洗わず」次の日に持ち越しちゃったとき。「え~~~、やだあ」とうなだれていましたが、これがあれば大丈夫。夫に「DOG NOSE」と言われるほど鼻が敏感な私。アタックゼロに出会ってから、びくっと夜中に起きて洗うこともなくなりました。育ち盛りのスポーツ少年がいるご家庭、是非試してみて。

最後に、アニオナから頂いたカシミヤ用洗剤。カシミヤは、「ほとんど洗わなくて良い」と思っています。ブラシをかけて、風通しの良い場所に1日吊るしておく。着るタイミングの間を空ける――などを守れば良いのです。ただし、当然シーズンに1度か2度は、このコンディショナーで洗います。手洗いし、タオルドライした後、「置き干し」させます。さすが、カシミヤのラグジュアリーブランドの洗剤だけに「ふわふわっ」の仕上がりに。すみません、日本では買えないみたいなのですが、ランドレス他、色々販売されているので、1つ持っていると便利です。

今日は何で、急に洗剤? いや、もうこの長雨で洗濯物が溜まって溜まって。育ち盛りの子供3人の洗濯物の量は半端なく。自宅の洗濯機だけでは足りず、コインランドリーも利用。早くからっと外で干したいなあ、という願望もあり、のコラムでした(笑)!

大草 直子

私はアマゾンで買っています。洗える素材なら、洗剤をつけたあと部分洗いし、できない素材なら、固く絞ったタオルでたたくように。
キャップが壊れていますが(笑)、香が大好きなエコストア
アタックZERO。プッシュ式なので、手が汚れないのも嬉しい。
パッケージもノーブルなアニオナのソープ。

前回記事「湿度80%、気温30℃の日を心地よく過ごすための服とは?」はこちら>>