今年は、海だけでなく街でもビーチサンダルを合わせたコーディネートが人気。いつものコーディネートに抜け感をプラスしてくれるビーチサンダル、大人ならではの着こなし方とは? おしゃれなコーディネートの見本をご紹介します。

『ビーチサンダル厳選コーデ19』を一挙に見る>>


あえてシンプルなワンピースで「小物が主役」の着こなしに

 

RITSUKO'S コメント


ヴィンテージのようなくすみピンクのワンピースがとてもお似合いです。シルエットに華やかさのあって、一枚でさらりと着ていてもドラマティック。ビーチサンダルやかごバッグでカジュアルダウンしつつも、ジュエリーでさりげなくツヤ感を重ねていらっしゃるのもとても参考になります。

『ビーチサンダル厳選コーデ19』を一挙に見る>>


都会的なボーダーコーデにビーチサンダルで抜け感を

 

NAOKO'S コメント


新しいボーダーの見せ方です! そもそもボーダーはネイビー×白などを選んでしまいがちですが、こうしたボトムスとの合わせであれば、ベーシックカラー以外もトライしたくなりますね。しかもきれい色を取り入れるだけで、ぐんとフェミニンに見えます。

『ビーチサンダル厳選コーデ19』を一挙に見る>>

リゾート着のカフタンドレスを、あえて重めにタウン仕様に

 

RITSUKO'S コメント


おしゃれですねえ! カジュアルに見えがちなカフタンですが、鎖骨が見えるデザインで色味が抑えられたものを選んでいてとても上品。デニムではなく黒のニットパンツを合わせ、アクセサリーは地金のリッチなものをあわせていらっしゃるのも、大人の女性らしい落ち着いた着こなしになっている理由ですね。


「ビーチサンダル厳選コーデ19」では、この他にも大人のビーチサンダルスタイルがまだまだご覧いただけます。今年のスタイルのご参考にぜひ!

『ビーチサンダル厳選コーデ19』を一挙に見る>>
写真一覧の一番上の写真をタップすると、元の記事へ飛びます

【40代コーデ】一覧ページを見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。身長162cm。Instagram@ritsukomochizuki