title
16

夏の帽子、お気に入りのブランド2選

「夏の帽子」


まだまだ強い陽射しが照りつける残暑が続いておりますが
みなさまお元気ですか?
そんな陽射しを遮る
お洒落な夏の帽子は
毎シーズン新調するくらい欠かせないアイテムです。
日本のブランドでお気に入りはこの二つ。

写真左が「スグリ」、真ん中と右側が「サシキ
 

クールなスタイルの「Sashiki」“サシキ”
茅ヶ崎にアトリエとショップがあり
そちらに伺って、
普段のヘアスタイルや頭の大きさに合わせて
クラウンとブリムの調整をして頂いてます。
そして、もうひとつファンタジー感100%の「Sugri」“スグリ”
私がディレクターを務める千駄ヶ谷piliでのお取扱いも
させて頂いているのですが、
このヴィンテージ感漂うスタイルの帽子達は
早い時期からすでに完売。
帽子好きにはこの形はたまらないですものね。

三角帽子 ・下の帽子「スグリ

でも人によっては帽子が苦手だったり、
似合うものがわからないのよとおっしゃる方もいらっしゃいますが
とにかくいろいろ試着して
帽子ショップのスタッフやデザイナーさんがいらっしゃるところであれば遠慮せずにご相談してみると良いと思います。
そして購入したら自分の形に馴染ませて
被り倒してものにしましょう!

さ、今日は何被っていこうかな〜

フラット帽子 「スグリ
パナマ帽 「サシキ

 

岡本 敬子

アタッシェ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

 

『好きな服を自由に着る』

岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)


流行りのものを追うだけが、お洒落じゃない。着心地が良くて自分が本当に愛せるものを、いつでも気持ちよく身にまとう。そんな大人は、いつだって楽しそうで、かっこいい。ファッション業界にもファンを多数持ち、あこがれの的であるアタッシェ・ドゥ・プレス 岡本敬子さんによる、初のスタイルブックがついに完成しました。天気や日差しによって着るものを決める。色や柄は大胆に使う。小物をピリリと利かせる。動きやすく快適、だけど上品。めくるめく敬子流コーディネートをたっぷり詰め込んで、ページをめくるたび、ファッションがもっと好きになる1冊です。

前回記事「50代からのおしゃれ学。夏のかごバッグの取り入れ方」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>