title
6

雅子さまと美智子さま、二人のプリンセスを育てた名門・雙葉学園の教えとは?

マクロン大統領、ブリジット夫人と会談された天皇皇后両陛下。写真/宮内庁提供

6月27日、皇室ではフランスのマクロン大統領夫妻をお迎えして昼食会が開かれました。その日の雅子さまは、ライトブルーのスーツに身を包み、夏の暑さを感じさせない涼しげな装い。さらに目を引いたのは、天皇陛下のネクタイが雅子さまのスーツとお揃いの色だったことです。お二人そろってのライトブルーが映え、とても爽やかな印象でした。

お揃いコーデといえば、かつて美智子さまも、上皇陛下とお揃いの色遣いのファッションをよく楽しまれていらっしゃいました。
「雅子さまと美智子さまのお揃い」は、ファッションの他にも! 実はお二人とも、雙葉学園をご卒業されているのです。あまり知られていないこのご縁について、今日は少しお話いたしましょう。

雅子さまの写真をもっと見たい方はこちら>>

 

2歳から8歳までを海外で過ごした雅子さま


外交官である父の本省勤務に伴って、2年10カ月のニューヨーク生活を終えて帰国した雅子さん一家。モスクワ時代と合わせると、6年近い海外生活でした。
「三つ子の魂百まで」といいますが、2歳から8歳という、雅子さんの人格形成にとってもっとも重要な時期に雅子さんは海外生活をしていたのです。

雅子さま5歳。双子の妹たちとニューヨーク郊外をドライブ。写真/宮内庁提供

その間、家庭では純日本式の生活をし、昼間はいわゆる日本人学校ではなく、その土地の公立学校に通って現地の子どもたちと対等に過ごしていました。そのことが、その後の雅子さんの人生観や考え方に大きな影響をもたらしたのでしょう。

東京に帰ってきた雅子さん一家は、新宿区にある外務省官舎に住むようになります。雅子さんは区立富久小学校2年に編入しました。
母の優美子さんは、いずれ日本での生活に慣れてきたら、雅子さんを田園調布雙(ふた)葉(ば)学園に編入させたいと考えていました。田園調布雙葉学園は、母の優美子さんの出身校でもあったのです。