3

あけびの籠【今日の買い物2】

買い物は店へのエールだから。何だか惹かれると思うものは、買って連れて帰りましょう! そうしてはじめて分かること、たくさんありますよね。ものを選ぶプロともいえる岡本夫妻の新刊、「今日の買い物 新装版」から、5回にわたってエピソードをお届けします! みなさんの買い物とそれにまつわるお話も、ぜひコメントでお寄せください!
 

寒くなってから、トレンチコートやピーコートに合わせるのが好き

アンティークのあけびの籠(値段は忘れました)/鎌倉の「Atelier Kika」で購入

こんにちは、「カミさん」です。
カゴが大好きな私ですが、類は友を呼び、私の周りの友人たちも皆そろってカゴ好きです。それぞれが自慢の品をたくさん持っていて、その人のセレクトの良さやセンスが感じられるので、楽しませてもらっています。

カゴラーな私もいくつか持ってはいますが、いいかげんな管理と雑な使い方で傷んでしまっているものが多いのです。あまり増やしすぎるとクローゼットからはみ出し、うちのダンナ様に叱られちゃうので最近は控えめにしているつもり(自分的には)。
そんな大雑把な使い方にも耐えてくれているのが、大のお気に入り「あけびの籠」です。ヨーロッパのカゴはもちろん好きですが、夏は湿気が多く冬は乾燥する日本の気候では、断然この籠が強い味方。これは鎌倉の「Atelier Kika」という小さいギャラリー兼ショップで売っていたもので、コロリンとしたフォルムが妙に可愛らしくて買いました。夏に持つよりも、寒くなってから、トレンチコートやピーコートに合わせるのが、私は好きかな。
 

 

『今日の買い物[新装版]』
岡本 仁 岡本 敬子 著


買い物は店へのエールである。今はもう失われてしまった店の記憶や、変わらぬ老舗の味。スタイルのある洋服やアクセサリー、そして古びないプロダクトデザイン。今日もまた、いろいろなものを縦横無尽に買い物する2人の、もの選びのセンスとは? ものを選ぶことが仕事でもある編集者岡本仁+ファッションディレクター岡本敬子の大人気買い物エッセイ、新装版が登場! (解説・平野紗季子)
※9月26日発売予定(予約受付中)

 

岡本 敬子

アタッシェ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

 

大森パイセンの推薦コメントはこちらからも!>>
前回の更新はこちら→マッターホーンのバウムクーヘン
次回更新は9月17日です。お楽しみに!