親切にしてあげたのに、「ありがとう」を言わない。間違ったことをしたのに、「悪かった」と謝らない。発達障害のある子には、「他人の気持ちが理解できない」という特徴があると言われています。彼らはみんな、冷淡なのでしょうか? もちろんそんなはずはありません。

漫画家・かなしろにゃんこ。さんの著書『発達障害 僕にはイラつく理由(ワケ)がある!』の主人公は、かなしろさん実の息子・リュウ太くん。彼にも発達障害があり、小学校時代は「感謝できない・謝れない」子どもだったとか。

「どうやったらリュウ太に、他人の気持ちをわかってもらえるか?」母親のかなしろさんは、取材で知り合ったある教師のアドバイスを自分なりにアレンジし、実行。すると時間はかかりながらも、少しずつ事態は好転していったというのです。リュウ太くんの言動を変えたというその方法とは?
 

人の気持ち、わかるかな?

 
 
 
 
 
 
  • 1
  • 2