ボヘミアンショートとは、くしゃくしゃっと無造作に仕上げたラフなニュアンスのショートヘア。強めのくせがある方はそのまま生かすか、Sカールパーマをかけて外国人風の質感に。ロングヘアのボヘミアンスタイルは、ヒッピー風、あるいは夏フェスの印象になってしまいがちですが、短めボヘミアンは、清潔感もあり、おしゃれも経験を重ねた大人の女性にこそおすすめ。ミモレにも執筆中のファッションエディター白澤貴子さん、昼田祥子さん、出原杏子さんもボヘミアンショート。おしゃれ上級者御用達のボヘミアンスタイルの魅力とは?

『【40代髪型】ふわクシャがカッコいい!「ボヘミアンショート」』を一挙に見る>>

 

短め前髪がシックなフレンチボヘミアン

 
 
 

コラムも人気のエディター白澤貴子さんは、ご自身のくせを生かしたカール感がおしゃれなショートヘア。クルンと跳ねる前髪も可愛い。大胆なサイドパートわけでアシンメトリーに。くせ毛の方は、あえて左右のバランスを崩すことで、無造作でこなれたモード感を演出。

『【40代髪型】ふわクシャがカッコいい!「ボヘミアンショート」』を一挙に見る>>


ハンサムショートをさらにモードに昇華

 
 

昼田祥子さんは、長めの前髪のショートボブ。無造作なカールがこなれ感バツグン。短めに詰めた衿あしと後頭部のボリューム感で顔を小さく、横顔を美しく見せてくれます。ボヘミアンスタイルはもともとドライな質感が主流ですが、ややウェットな質感に仕上げることでモードな印象です。辛口のアクセサリーやお洋服と合わせてかっこいい女性像に。

『【40代髪型】ふわクシャがカッコいい!「ボヘミアンショート」』を一挙に見る>>


都会的な重めボヘミアン

 
 

ピンタレストから見つけるファッショントレンド連載が大人気のエディター出原杏子さんは、衿あし長め、毛先重めのフェミニンなボヘミアンショートボブ。ばさっと顔にかかるサイドの髪がドラマチックに見せてくれます。無造作感たっぷりのボヘミアンヘアは、インディアンジュエリーやゆったりした柄ワンピースなどと合わせるとハマりすぎてしまうので、コンテポラリーなアクセサリーやマニッシュなアイテムと合わせて都会的に仕上げるのがポイント。

くせを生かしたボヘミアンスタイルは、コテも使わず、ブローもいらないので、おしゃれに見えて時短なスタイルのひとつです。

『【40代髪型】ふわクシャがカッコいい!「ボヘミアンショート」』を一挙に見る>>

「40代の髪型・ヘアカタログ」はこちら>>

ボブ」はこちら>>

「ショート」はこちら>>

「ロング」はこちら>>

「ヘアアレンジ」はこちら>>