「くびれボブ」とは少しレイヤーを入れ、毛先をハネさせたボブのこと。首元できゅっとくびれたシルエットが特徴です。「ボブ」とはそもそもは毛先を揃えたカットのことですが、いわゆる「ぱっつんボブ」は毛質や毛量を選ぶスタイルでもあります。くびれボブは、毛先にレイヤーを入れることでまとまりやすくなるため、毛量が多くて広がってしまう人や、毛量が少なくて毛先の重みが出づらい人にもトライしやすい万能髪型! いいことだらけの「くびれボブ」スタイルを集めました。

『【40代髪型】毛量少なめでも多めでも上手くいく「くびれボブ」20選』を一挙に見る>>

 

上品な大人カジュアルと相性抜群のくびれボブ

 
 
 

スタイリスト福田麻琴さんはセンターパートのくびれボブ。耳下あたりからレイヤーを入れることで、自然とランダムに毛先が外ハネになり、肩の力の抜けた動きのあるスタイルに。頬にかかる長めの前髪が顔に菱形のシルエットを作って小顔効果も。カジュアルなスタイリングにフェミニンで優しい印象を与えています。

 

福田さんは短めの時もくびれボブスタイルでした。ラフで無造作なボブに見えますが、前髪のラインが耳前からハネる毛先へと繋がった流れるラインが美しい、計算づくのあか抜けボブです。

『【40代髪型】毛量少なめでも多めでも上手くいく「くびれボブ」20選』を一挙に見る>>


愛されフェニミニンな長めのくびれボブ

 
 

モデルの鈴木六夏さんは、毛先だけ少しレイヤーを入れた重心下めのくびれボブ。セクシーなかきあげワンレンスタイルですが、肩に当たるところでちょこんとはねる毛先が可愛げをプラス。髪表面のツヤ感と丸いシルエットがヘルシーでフレッシュな印象を引き立ててくれます。

『【40代髪型】毛量少なめでも多めでも上手くいく「くびれボブ」20選』を一挙に見る>>


ワイルドでモードなウルフ系くびれボブ

 
 

マディソンブルーの中山まりこさんは、ショートレングスのくびれボブ。衿あしを長めに残したウルフカットを外ハネに。髪の量が多い人にも真似しやすいスタイルです。サイドの髪は両耳にかけて前髪から繋がる菱形シルエットに。キュッと顔が小さくスタイルアップして見えます。

『【40代髪型】毛量少なめでも多めでも上手くいく「くびれボブ」20選』を一挙に見る>>

「40代の髪型・ヘアカタログ」はこちら>>

ボブ」はこちら>>

「ショート」はこちら>>

「ロング」はこちら>>

「ヘアアレンジ」はこちら>>