title
2

イボ・ほくろを1回で取るおすすめの施術法【40代の美容クリニック入門】

 

40代からの肌悩み、「化粧品でお手入れしていても一向に良くならない」「早く、確かな効果が欲しい」という声に答えるべく、美容クリニックの最新治療をレポート。今回は40代以降の女性たちの悩みに多い「イボ・ほくろ」のケアについて、ウォブクリニック中目黒 総院長・髙瀬聡子先生にお話をうかがいました。

 


早く、確実に結果を出す。まずは悩んでいたら相談に

髙瀬先生は大学を卒業後、大学付属病院の皮膚科医として働き、アトピー外来・レーザー外来などを担当。2007年にウォブクリニック中目黒を開業し、今年で11年目を迎えます。

エイジングサインはいろいろとありますが、30代後半から特に気になるのは「イボ・ほくろ」のエイジングサイン。「顔のほくろが増えたような気がする」「気づいたら首に小さなイボがたくさんできていた」など年齢を重ねることで現れるエイジングサインを「何とかしたい」という女性は多いですね。

とくに私たちのクリニックにはほくろを除去したいという女性がいらっしゃいます。ほくろの除去は簡単に説明すると、ほくろ細胞をレーザーでえぐって取り除くという方法で行います。ほくろの大きさ、深さによって違いはありますが、直径7ミリ以下のほくろであれば1度で完了します。

美容の観点からすると、ほくろがあるとないとでは人に与える印象は大きく異なります。シミと一緒で「色ムラ」と見なされるため、個人的にはなくても良いと思っています。
ほくろについては残念ながら化粧品で対処するのは非常に難しく、「早く、確実に結果を出したい」というのであれば美容クリニックをおすすめします。悩んでいたらまずは相談を。医師の監修で正しい施術を行えば結果が出る……美容クリニックを上手に使うことがキレイの近道になる、その方法もあるということを皆さんに知っていただければと思います。

  • 1
  • 2