夫たちが理解できない“妻の理不尽な行動のワケ”を記した著書『妻のトリセツ』が40万部超のベストセラーに。また待望の続刊『夫のトリセツ』も大反響を呼んでいる脳科学コメンテーターの黒川伊保子さん。相手が嫌がることばかり言う人について、脳の観点から対策法を教えてくれました。その方法は意外にも……!?

 

ポルコさんからの質問

Q. 私の過去を聞き出し、バカにしてくる男性上司。どのような対策をとれば良いでしょうか?


会社の直属の上司との付き合い方に困っています。私は入社10年目になります。上司は年齢の近い男性です。その上司が、私の過去や幼少時代、結婚生活、離婚話などを、最初は親身になって聞き出していたのですが、しばらく経つと、私が話した内容をバカにしたり、鼻で笑ったりするようになったのです。先日は別れた夫のことを持ち出し、「愛し合っていたんだろ?」、「楽しかったこともあっただろ?」などと聞いてきました。私は過去のことなど思い出したくないのです。たくさん辛い思いをして、やっと乗り越えて今があるのに、記憶を掘り返されたうえ鼻で笑われるのです。そんな上司と上手に付き合うには、また言われないようにするには、どうしたら良いですか?(44歳)


黒川伊保子さんの回答

A. 上司は、相手が嫌がるほど喜ぶ脳の持ち主。架空でいいので幸せストーリーを伝えて。


うわー、これは邪悪な上司ですね! でも、世の中には邪悪な人はいるものです。ですから上手に付き合うといったことは考えず、やり過ごすことだけ考えてください。

 
  • 1
  • 2