title
4

40代の肌悩みNo.1!シミを取る、薄くする方法【美容医療体験レポート】

 

30代の頃は “まだまだ大丈夫”なんて思っていても、「あれ?こんなにシミが増えていたっけ?」「以前より濃くなっているような気がする」など40歳になった途端に“待ったなし状態”。そこで美容クリニックのシミ最新治療をレポート。「興味はあるけど、実際はどうなの?」「どこまで効果があるの?」など、美容業界でも定評のあるアヴェニュー表参道クリニック 院長・佐藤卓士先生にお話を伺いしました。

 


「待ったなし!」40代のシミの原因は何?

アヴェニュー表参道クリニックの院長の他、クリニック専門のスキンケアブランド「ドクタープロダクツ」の監修も手掛ける。佐藤先生の美肌の秘訣を尋ねてみたところ「UVケアは通年でケア。さらにビタミンCを内服しています」とのこと。

30代後半から40代以降の女性たちの肌悩みといえば、シミ、シワが圧倒的に多いといいます。皆さんもご存知のとおり、これらのエイジングサインはある日突然現れるわけではなく、毎日の蓄積によるもの。この原因は一体何なのでしょうか?

「紫外線ケアをしている人としていない人ではシミの量に差があるのは明らかです。紫外線を浴びると肌内部が紫外線から肌を守るためにメラニンを作りなさいとエラーを起こし、それがシミという形で肌表面に現れるのです。シミは昨日、今日のエイジングサインではなく、何日も何年も積み重なってできるものです。
顔をゴシゴシこすり洗いをするなど間違ったお手入れ法やストレスなど生活習慣による影響も少なくありません。また、シミと間違われやすい肝斑は40代頃から悪目立ちしてきます。これらは女性ホルモンの影響によるものと言われています。

シミは見た目の印象を大きく左右します。点々としたシミは『影』と見なされます。小さな点はそれほど目立たないのですが、40歳くらいを境目にその点が増え始めてきます。『点=影』の数が増え、それがやがて『面』になると肌色の印象が変わります。さらに、シミを隠すためにファンデーションを必要以上に厚く塗ってしまうなど、 “老けた”印象を与えてしまうのです」(佐藤先生)


「今、何とかしたい」という気持ちに応えるのが美容医療

 

「美容の観点で言えばシミはないに越したことがない。だからこそ、シミを作らせない日々のお手入れが必要になるわけですが、それでもシミはできてしまうわけで(笑)。では、このままシミと一生付き合わないといけないのか、というのも違うと思うんです。
昔に比べ美容医療の技術は進化しています。『今、何とかしたい!』という女性たちの気持ちに寄り添い、技術を提供することが可能な時代になりました。

美容クリニックに通う患者さんの中でもシミ治療を目的とされる方は多く、今では“美容クリニック=シミ取り”というくらい認知が高まっているのではないでしょうか。
シミ治療の代表的なメニューとしてレーザー治療がありますが、アヴェニューではシミの種類や程度によってさまざまなメニューを用意しています」(佐藤先生)