最近、「デリケートゾーン」という言葉をよく聞くようになりましたよね。ですが、実際には何をすればいいの? 何から始めればいいの? と感じている方もたくさんいらっしゃるはず。
そこで、アラフォーになってから「デリケートゾーン」と向き合うようになり、まさに今自分の将来のために、試行錯誤をしながら実践中のアラフォーのファッションエディター高橋がリアル目線で考え紹介していく、渾身の企画をスタートいたします!

「ファッションを楽しむように、もっとおしゃれに、もっと軽やかに、デリケートゾーンや女性の体のケアをしたい」。そんな思いに向き合いたいと思います!


さて、第1回目は、「VIO脱毛」についてです。
欧米では以前から当然のケアと言われているVIO脱毛。最近では日本でも若い子たちは抵抗なく、普通にVIO脱毛のためにクリニックやサロンに通っていると聞きます。アラフォーの自分たちにとっては、自分たちが20代、30代のころにはメジャーではなかったケアだから、少し躊躇してしまう気持ちがある方もいらっしゃるかと思います。そこで、実際にまさに今、VIO脱毛に通っているというアラフォーも女性に、根掘り葉掘り話を伺います!
 

VIO(デリケートゾーン)脱毛とは? どの部分を指すの?

 

VIO脱毛体験者に話を聞く前に、VIO脱毛の基本を紹介します。

 

まず、デリケートゾーン脱毛には、Vライン、Iライン、Oラインの3つの場所があります。
Vラインは、骨盤と骨盤を直線で結んだ部分から下で、脚の付け根部分より上の三角ゾーンのこと。下着からはみ出しやすいビキニラインだけを脱毛することもできます。Iラインは女性器周辺の部分のこと。粘膜や粘膜に近い部分まで脱毛してくれるクリニックもあります。Oラインは肛門周りの部分です。
 

ハイジニーナとは?


ハイジニーナとは、アンダーヘアが無毛でツルツルの状態のことです。英語で衛生という意味のhygieneからつくられた言葉だそうです。海外セレブやスポーツ選手などから始まり、今では一般の方でもハイジニーナ脱毛をする人が増えているそうです。

森田敦子さんが提案「VIO脱毛」を始めてみませんか? アラフォーからの「アンダーヘア」考>>>

 
  • 1
  • 2