32

50代ファッション学。ヘアチェンジとお気に入りのスタイリング剤

「気分転換のパーマ」

なんだか無性に気分転換したくて
何十年かぶりに
パーマをかけてみました。
いきつけの美容室「30,rue keller」
サロンを経営している福場みどりさんが1人で運営しているので
他のお客様を気にせず
一対一でやってくれるのが
好きなのです。
いつもは、カットとヘッドトリートメントをするのですが、今回はパーマをオーダーしました。

 

出来上がりは大満足!

 
 

アップもできる長さなのも嬉しい。
お気に入りのスタイリング剤は
左側からOSAJIのヘアオイル
こちらはヘアメイクの草場妙子さんプロデュースのもの。
真ん中は全身も使えるNUXEのオイル
右側はukaのヘアワックス
アジアの高級リゾートのスパのような香りが気に入ってます。

 

東京は緊急事態宣言が発令されました
ただ、美容室は休止要請の対象にはならないと述べている意見もあるようですが、この先はどうなるかはわからないですね。
パーマかけて気分転換して少しでも機嫌よく静かに過ごそうかと思っております。

 
 

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

 

『好きな服を自由に着る』

岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)


流行りのものを追うだけが、お洒落じゃない。着心地が良くて自分が本当に愛せるものを、いつでも気持ちよく身にまとう。そんな大人は、いつだって楽しそうで、かっこいい。ファッション業界にもファンを多数持ち、あこがれの的であるアタッシェ・ドゥ・プレス 岡本敬子さんによる、初のスタイルブックがついに完成しました。天気や日差しによって着るものを決める。色や柄は大胆に使う。小物をピリリと利かせる。動きやすく快適、だけど上品。めくるめく敬子流コーディネートをたっぷり詰め込んで、ページをめくるたび、ファッションがもっと好きになる1冊です。


 

前回記事「50代ファッション学。春先に活躍する愛用中のストール」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>