生理用ナプキンって、なにげなく選んでいませんか?パリ第13大学の教授陣が発足・運営する「フランス植物療法普及医学協会(AMPP)」のマスターフィトテラピストであり、AMPPの日本唯一の認定校である「ルボアフィトテラピースクール」の副代表を務める南上夕佳さんによると、オーガニックコットンや天然コットン100%など天然素材の生理用ナプキンに変えるのがおすすめだそう。コットン素材のナプキンのメリットとは?編集部おすすめのオーガニックコットン素材と天然コットン100%の生理用ナプキン5ブランドも紹介します。

セックスレスが解消できなくても、膣トレ&セルフプレジャーで幸福ホルモンを>>


フィトテラピストの南上夕佳さん教えて!生理用品の選び方

 

植物療法士 / ルボア フィトテラピースクール副代表、AMPP マスターフィトテラピスト、「INTIME ORGANIQUE」ブランドインストラクター
体調を崩したことをきっかけに植物療法士の資格を取得。フィトテラピー発想のコスメブランドにてインストラクターを務めながら、数々のセミナーやカウンセリングを行う。著書に『自然ぐすり生活』(ワニブックス刊)がある。

 


生理用品をコットンなど天然素材に変えるメリットと、化学繊維のデメリット

 

今どきの生理用ナプキンは、吸収率がものすごくいいし漏れにくく、とても便利ですよね。ですがその反面、便利なナプキンの多くは化学繊維でできており、高分子吸収剤(合成ポリマー)や塩素系漂白剤などの化学物質が使われているというデメリットがあります。化学物質の高分子吸収剤(合成ポリマー)は経血を吸収してジェル状に固まり、膣を冷やしてしまいます。膣が冷えることで子宮が冷えて、生理痛を酷くしてしまうこともあるんです。

デリケートゾーンは女性にとって非常に大切な場所。しかも皮膚がかなり薄く繊細。加えて、生理中のデリケートゾーンはいつも以上に敏感になってしまいます。
そんな大事なデリケートゾーンに直接触れるナプキンは、肌に触れる面がオーガニックコットンや天然コットン100%という天然素材でつくられたものがおすすめです。天然素材のナプキンにすると、つけた時にフワフワ感があり温かみも感じます。また、化学繊維よりも天然素材のほうが肌にやさしいので、生理時の不快なムレやかゆみも軽減してくれます。

個人差はあると思いますが、私の周りでは、生理用ナプキンをオーガニックコットンや天然コットン素材に変えただけで生理痛がなくなったという話をよく聞きます。
天然素材のナプキンに変えるだけなら、布ナプキンはハードルが高いと思っている方も始めていただきやすいですよね。

植物療法士が教えるデリケートゾーンの詳しい洗い方と専用コスメ12選>>